30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

CMで使われたブルーハーツの曲まとめ

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

1995年に解散したブルーハーツですが、今もなお絶大な人気を誇っています。
産み出した名曲は数知れず、日本のロック界で永遠と輝き続けるであろう曲が山ほど。

 

CMに使われることも度々あり、新たなファンの獲得への一翼を担っているのは事実でしょう。

 

そもそも「なぜ時を経てもこれだけCMで使われるのか?」というのは、ブルーハーツに影響を受けた世代の人たちが、決定権を持つ歳になったから、と言われています。

 

セブンイレブンのCMで使われてる、タイマーズの「デイドリーム・ビリーバー」なんかは、その典型でしょう。
自分の青春時代を彩ったCMで使いたくなるのは当然ですし、良い曲は人に教えてあげたいと思うのが人の常ですよね。

 

ということでこの記事では、ヒロトマーシーファン歴10年以上の管理人が、ブルーハーツのCMソングを分かりやすくまとめていきます!

 

「CMで聞いたけど、曲名が分からない・・・」なんて時に探すのに役立つはずですので、ぜひ活用してみてくださいね。

ブルーハーツのCMソング一覧

リンダリンダ

ド定番中のド定番、ブルーハーツの伝説のメジャーデビュー曲『リンダリンダ』。
CMで使われるのも頻繁で、全て挙げていけばキリがないほど(笑)

 

同曲は冒頭のインパクトもさることながら、やはりサビの「リンダリンダ~」のキャッチーさが秀逸で、一度聴いたら耳から離れませんよね。

 

最近ではアサヒの缶コーヒー「ワンダ」のCMに使用され、話題を呼びました。


使用CM
  • 2011年  arth music&ecology 出演:宮崎あおい
  • 2016年 PlayStation 4 CM「決断を迫る山田・後輩篇」 出演:山田孝之
  • 2018年 アサヒ「ワンダ」 出演:ビートたけし ほか

人にやさしく

「気が狂いそう~」のイントロでお馴染みの一曲。
「がんばれ」と叫ぶ前向きな歌であり、CMでも使いやすいですよね。

 

インディーズ時代に自主制作シングルで発売された一曲ですが、メジャーデビュー後もライブで頻繁に歌われ、高い人気を誇っていました。

 

直近ではカロリーメイトのCMで使用。
もちろん本家本元ヒロトの歌声の方がいいのですが、誰が歌っても圧倒的な言葉が印象に残ります。


使用CM
  • 1988年 RENOWN I.N.EXPRESS
  • 2012年 味の素
  • 2014年 エスカップ 出演:松木安太郎 ほか
  • 2018年 カロリーメイト 出演: 蒔田彩珠

情熱の薔薇

ブルーハーツ唯一のオリコン1位を獲得し、最も売れた曲が6thシングル『情熱の薔薇』。

 

ヒロトらしいシンプルで胸を打つ楽曲で、ファンでなくとも歌える人は多いです。

2018年末に、東芝のCMで有村架純が歌い話題となりました。


使用CM
  • 2002年 中外製薬 グロンサンG 出演:ビートたけし
  • 2010年 earth music&ecology 出演:宮崎あおい
  • 2011年 ドコモ 出演:渡辺謙
  • 2018年 東芝 出演: 有村架純

TRAIN-TRAIN

リンダリンダと同レベルで有名な一曲ですが、他のヒット曲と比べてやけにCMで使われていないです。
マーシー大好きな管理人としてはショックな事実が発覚(^_^;)

 

2018年に広島県呉市のPR動画で、替え歌として使用されました。


使用CM
  • 2018年 広島県呉市TRAIN-TRAIN

1001のバイオリン

「ヒマラヤほどの~」という出だしで有名な一曲ですが、1001のバイオリンはアレンジ違いのサブ的な位置づけなんですよね。

 

本元はバンドアレンジの1000のバイオリンなのですが、CMで使われるのはオーケストラアレンジの1001のバイオリンばかりなので、1001の方が一般的には有名になっている節が。

 

管理人が同曲に初めて触れたのは、ワンダのCMなので、非常に思い出深いものがあります。

使用CM
  • 2006年 アサヒ「ワンダ100年BLACK」
  • 2010年 earth music&ecology 出演:宮崎あおい

青空

詩人マーシーを世に知らしめた、日本ロック史上最高の文学作品と言える『青空』。
有無を言わさない名曲なのですが、内省的な歌詞な分、CMで使われる頻度は少ないです。

 

CMで使われる曲がヒロト曲に偏り気味なのは、マーシー曲の内省的な部分が要因になってしまっているのではないかと、感じるところ。

使用CM
  • 2002年 キリン「生茶」 出演:坂口憲二

キスしてほしい

ブルーハーツの2ndシングル『キスしてほしい』。
ヒロトらしい絶妙なキャッチーさが見え、CMで使われる頻度が非常に高いです。


使用CM
  • 1988年 RENOWN I.N.EXPRESS
  • 2004年 ソニー プレイステーション2
  • 2006年 ビッグエコー
  • 2009年 花王アタックNEO
  • 2015年 キリンビール 氷結

歩く花

ブルーハーツのラストアルバム『PAN』に収録されている『歩く花』。
厳密に言うとブルーハーツの楽曲ではなく、ヒューストンズの曲ですが、細かいことはさておき、2018年に初めてCMで使われたのは嬉しいところ。

 

ヒロトが友人の結婚式のために作った曲として知られており、ブライダルジュエリーのCMにはピッタリでした。


使用CM
  • 2018年 アイプリモ 出演:深川麻衣

終わらない歌

伝説的名盤1stアルバムに収録されている一曲。
「全ての弱者のために終わらない歌を歌う」というメッセージの込められた同曲は、シングル曲でないにも関わらず高い人気を誇っています。

使用CM
  • 2011年 JRA CLUB KEIBA 出演:桐谷健太、吉高由里子、佐藤健

ラブレター

ブルーハーツを代表する、ヒロト作のラブソング。
ベース河ちゃんのコーラスが印象的で、一瞬で耳に残ります。

 

CM以外でも、特命係長只野仁のエンディングテーマで使用されるなど、広く使われる名曲です。

使用CM
  • 2004年 KDDI

後期の名盤『STICK OUT』収録の、マーシー作の一曲。
タイトル通り「夢」をテーマにした内容で、背中を押す熱い言葉が満載です。

使用CM
  • 1993年 サントリー・ビール LIGHT’S「新ライツ」
  • 2007年 NTT東日本 Bフレッツ
  • 2014年 しまむら

「CMで使われたブルーハーツの曲」まとめ

頻繁にCMに使われている印象の強いブルーハーツですが、曲数自体は11つだけなんですよね。
まあ11でも普通のミュージシャンと比べると異様に多いですが(笑)

 

色んな曲が使われているというよりは、特定の曲が繰り返し使われている恰好。

 

なぜこれほどまでにブルーハーツの曲が使われるかというのは、ひとえに圧倒的な言葉の力でしょう。
冒頭に影響を受けた世代の決定権の話を書きましたが、そもそも気に入っているからこそ使うワケで。

 

シンプルな言葉で、真っすぐに胸に突き刺さってくる歌詞は、ヒロトマーシーにしか書けないとつくづく感じます。

 

加えて圧倒的な作曲センスもあり、一度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディも理由。

 

ブルーハーツがデビューした1987年はバンドブームの全盛期。
星の数ほどバンドがデビューし、大きく花開いたり、人知れず消えていきました。

 

山ほどいる同年代のバンドの中で、30年以上たった今もなお、ここまで歌い継がれているのはブルーハーツくらいであると言っても過言ではありません。

 

それはひとえに他のバンドには無い、圧倒的な楽曲の力があるということに集約しますね。

 

最後に、CMがきっかけでブルーハーツに興味を持った方は、ぜひベスト盤を手に取ってみて欲しいと思います。
ブルーハーツの魅力がさらに分かるはずですよ。

オススメのベスト盤はこちらで紹介していますが、1位に紹介している30周年記念ベストでは、今回紹介した曲は一通り収録されていますよ!

【ファン歴10年以上が選ぶ】ブルーハーツのおすすめベストアルバム3選!【THE BLUE HEARTS】

人気曲のランキングもありますので、あわせてご覧くださいね。

【歴10年超えのファンが選ぶ】ブルーハーツの人気おすすめ曲ランキングベスト15!【名曲厳選】

ハイロウズ編もあります。

CMで使われたハイロウズの曲まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です