『年に一度の爆安祭り』amazonサイバーマンデーセール開催中!【クリックして見に行く】

ブルーハーツ元メンバーの現在まとめ

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

1985年結成し、1987年にメジャーデビューしたブルーハーツ。
唯一無二の日本語による名曲群は、多くの人の心を捉え、瞬く間に有名になっていきました。

 

デビューから1年も経たないうちに武道館公演を果たすなど、その勢いは飛ぶ鳥を落とす勢い。
ステージを重ねるほど、音源を発表するほどに、その人気と地位は確固たるものになっていきました。

 

しかし順風満帆に見えたものの、様々な要因の重なりもあり、95年に突然の解散発表。
多くのファンが悲しみに明け暮れることになったのです。

 

ということで以上がごくごく簡単なブルーハーツの歴史。
そこで「メンバーは今どうしてるの?」と思われるかもしれません。

 

ヒロトとマーシーについては改めて説明せずとも分かる人が大半ですが、両名も含め、改めて細かく解説していきましょう。

 

なおここで言う元メンバーに、メジャーデビュー前に抜けたメンバーは含みません。
彼らの現在については、別記事に書いてますので、あわせてどうぞ。

『ブルーハーツ』デビューまでのメンバー変遷と、脱退メンバーのその後

ボーカル 甲本ヒロト

参考:電撃ネットワーク

1995 THE HIGH-LOWS ボーカルとして加入
2005 THE HIGH-LOWS 解散
2006 ソロシングル「真夏のストレート/天国うまれ」発表
2006 ザ・クロマニヨンズ 結成 ~ 現在に至る

こちらがブルーハーツ解散後の簡単な経歴。

 

後のマーシーの項でさらに詳しく解説しますが、ハイロウズ結成はマーシーが主導。
メンバーを集めて行ったところ、最終的にボーカルがおらず、「暇そうだったから」という理由でヒロトに声をかけ、加入に至りました。笑

 

ハイロウズ解散後、一時ソロ活動が始まり、シングルを発表するのですが、それっきり。
真意は定かではないものの、アルバムも発売予定であったのが、色々な事情がありお蔵入りになったとか。

 

ちなみに当時のニュースでも、いかにも続きがありますと言わんばかりに「第1弾」と銘打ってるので、業界内では次作の話は周知だったのではないかなと。

参考 甲本ヒロト、ついにソロとして活動を開始!BARKS

その後、ほぼ間も無くクロマニヨンズが活動開始。
活動10年を超えましたが、今もなお止まる気配無く走り続けています。

ギター 真島昌利

参考:pinterest

1995 THE HIGH-LOWS 結成
2005 THE HIGH-LOWS 解散
2006 ザ・クロマニヨンズ 結成
2015 ましまろ 結成

 

ブルーハーツ解散後、ブルーハーツやソロ活動をサポートしてもらっていたキーボーディスト白井さん、同じくソロ活動でつながりがあったドラムの大島賢治、知人からの紹介で調先人に声をかけ、バンドメンバーがほぼ揃う。
最後に空いていたボーカルの席にヒロトが座り、ハイロウズ結成に至るという過程でした。

 

ヒロトと違い、ハイロウズ~クロマニヨンズの間にとくに活動はありません。

 

特筆すべきは2015年のましまろ結成。
94年の4thソロアルバム発売以降、とくに表立ったソロ活動をしてなかったマーシー。

 

ほぼソロの続きとも言えるましまろは、ファン待望のものでした。

 

ヒロトと共にクロマニヨンズとして、10年を過ぎてもなお、止まることを知らず、今日もどこかでギターをかき鳴らしています。

ベース 河口純之助

参考:insta

1998-2002 様々なバンドのプロデュースを実施
2002-2003 間寛平withアメマーズ のベースとして、2度ステージ出演
2009 幸福実現党候補として比例東京ブロックから衆院選に立候補し、落選
2009? 河口純之助&タイムトラベラーズ 活動開始

見てもらうと分かるように、表立ったバンド活動というのは特にないんですよね。
それもそのはず、河ちゃんは1991年に幸福の科学に入信、ブルーハーツの解散に少なからず影響を与えた人物。

 

解散後は彼にとって音楽よりもやるべきことが、たくさんあったのだと推測できます。

 

その後詳しい経緯は不明ですが、間寛平と共にステージに立っています。

 

2009年の衆議院選挙に出馬したのは記憶に新しいところで、「元ブルーハーツの~」といったように、やけにブルーハーツを振りかざしていたのが、なんとも言えないところ。

 

ほぼ同時期、というか選挙活動の宣伝も兼ねてだと思うのですが、2009年に『河口純之助&タイムトラベラーズ』として、久しぶりのバンド活動を開始。

 

ライブもいくつかやったようで、youtubeに映像が残っています。
PVも撮影されており、その映像がこちら。


ブルーハーツ時代にも『真夜中のテレフォン』など、キャッチーな良い曲を作ってるように、宗教色が出なければ河ちゃんの曲って普通に良いと思うんですよね。

 

なお同バンドは一時期活動していただけで、現在は特に活動してない模様。
ライブをやっていたら個人的に見に行きたかったので、残念。

ドラム 梶原徹也

参考:realsound

1995 ?  サルサ・ガムテープ ドラマー、プロデューサーとして活動開始
1997  The 3peace 結成
2002  The 3peace 活動停止
2005  THE BIG HIP 結成
2008  THE BIG HIP 活動休止
2008  ソロユニット、THUNDERBEAT 活動開始

河ちゃんとは違い、ほぼ音楽漬けと言える生活を送っていますね。

 

ブルーハーツのラストアルバム『PAN』を聴くとよく分かりますが、後年はカリブ・ラテン音楽へ傾倒。
その影響でのつながりもあってか、社会福祉法人により結成されたラテングループ、『サルサ・ガムテープ』に参加し、現在も活動を続けています。

 

●サルサ・ガムテープ


それと並行していくつか活動を行っており、97年には『The 3peace』を結成、7年の活動の後、2002年に解散。

●The 3peace



その後大塚愛のバックバンドに参加し、『さくらんぼ』『Happy Days』で叩いてるのは有名で、PVにもちゃんと映っています。

●さくらんぼ/大塚愛



●Happy Days/大塚愛


2005年にはハイロウズを脱退した白井さんと共に、『THE BIG HIP』結成。
ブルーハーツファンにとってはたまらない出来事でした。

ライブにはマーシーもゲスト参加する時もあったりなど、お祭り騒ぎ的な面白さがあったよう。

created by Rinker
¥1 (2019/12/09 13:30:31時点 Amazon調べ-詳細)

2008年に解散し、その後は自身のソロユニット『THUNDERBEAT』を結成、現在も精力的に活動を続けています。

●THUNDERBEAT


色々と移り変わりが激しく、分かりにくいのでまとめると、現在も活動を続けているのは『サルサ・ガムテープ』と『THUNDERBEAT』の2つ。

 

それでもって、梶君のライブを見に行きたいという人は、アメブロをチェックしましょう。

参考 梶原徹也の、お風呂でコーヒーもう一杯!ameba

サルサ・ガムテープの公式HPもありますが、梶君情報をチェックするなら、アメブロの方が便利。

 

全国津々浦々を回ってるので、お近くに来た際は、ぜひ伝説のドラマーをライブで体感して欲しいですね。

「ブルーハーツ元メンバーの現在」まとめ

 

ヒロトマーシーについては当たり前でしたでしょうけども、河ちゃん、梶君については詳しく知らなかった人も多いのではないでしょうか?

 

とくに梶君は今でも積極的にライブ活動していますし、見に行くのは簡単。
ブルーハーツはもう2度と見れないかもしれませんが、各々のメンバーを見るのは叶います。

 

生で演奏している本人を、目の前で見てこそ感じれる空気感というものが必ずありますので、ぜひ足を運んでみてもらえると嬉しいですね。

 

管理人も梶君は見たことがあるのですが、河ちゃんは一度も見たことが無いので、ライブ活動を再開する際にはぜひ見に行きたいと思うところ。
どうも、ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です