今なら4か月99円!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

ブルーハーツから影響を受けた青春パンクバンド7選!

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

「ブルーハーツに影響を受けた青春パンクバンドを知りたい」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではロック愛聴歴10年以上の僕が、
ブルーハーツに影響を受けたであろうバンドを
紹介していきたいと思います。

3分くらいで読めて、
ロック好きの方は間違いなく面白い内容なのでぜひご一読を!

①ガガガSP

神戸出身の青春パンクの代表格バンド。

ボーカル、「コザック前田」の畳みかけるような個性的なボーカル
一度聴いたら頭から離れません。

キャッチーなメロディの曲が多く、
メロディセンスの高さが目立ちます。

②GOING STEADY

銀杏BOYSの前身バンド。

真っすぐなメッセージとシンプルなメロディで、
当時の中高生から絶大な人気を誇りました。

今もなおロックシーンの前線で活動するボーカル「峯田和伸」。
原点がここにあります。

③サンボマスター

ギターボーカル「山口隆」の圧倒的な存在感の歌と、
熱いメッセージがファンを捉えて離さないバンド。

ドラマ「電車男」のエンディングテーマに起用された
「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」で有名。

山口さんは僕と同じくマーシーのファンで、
レスポールを愛用しています。

④STANCE PUNKS

声・世界観なにをとってもブルーハーツの影響を
受けていることがすぐに分かるバンド。
声がヒロトそっくりです。

代表曲、「真夜中少年突撃団」は
涙無しには聞けない名曲。

僕もこの曲で1撃でやられました。

⑤太陽族

北海道札幌出身のバンド。

ボーカル「花男」の
温かくて優しいメッセージがたまりません。

⑥マスミサイル

ボーカル「高木芳基」の唸るような
熱いボーカルが耳に残るバンド。

代表曲、「教科書」は発表から10年以上たってからも
テレビ番組のエンディングに起用されるなど根強い人気を誇る。

⑦イナズマ戦隊

フロントマン3人が関西出身のバンド。

代表曲「応援歌」は一度聴いたら、
耳から離れない熱い名曲です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、ブルーハーツに影響を受けたであろう
7つの青春パンクバンドを紹介してきました。

公式チャンネルの動画しか掲載できないので、
記事中に動画が無かったバンドはyoutubeで探してみてください(^^)

ぜひ音源を手に取っていただき、
好みのバンドを見つけてくださいね!

よりよいロックンロールライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です