今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

【熱いソウル】サンボマスターの名曲ランキング10!

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

2005年のテレビドラマ『電車男』で使用された『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』が大ヒットし、大きく飛躍したことで知られるサンボマスター。

 

銀杏BOYSやオナニーマシーン、ガガガSPやメガマサヒデなど、いわゆる青春パンクと呼ばれるアーティストと親交が深く、彼らもそのようにカテゴライズされることもあります。

 

しかしサンボマスターは、ソウルやファンクを基調としたカッティングギター、ワウワウの多用、7thやメジャー7thの頻出によるお洒落なサウンドなど、他のバンドとは一線を画す個性があります。

 

このような個性的なサウンドの上に、圧倒的な歌唱力に裏打ちされた山口さんのボーカルが乗り、独自の楽曲が出来上がるんですね。

 

今回はそんな唯一無二のサウンドを持つサンボマスターの名曲を、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

ソウルフルな楽曲に、心震えること間違いありませんので、ぜひ参考にしてみてください。

サンボマスターの名曲ランキング

1位 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ


冒頭にも取り上げた、ドラマ『電車男』のED曲。

 

サンボマスターの知名度を思いっきり引き上げた名曲であり、誰もが一度は聴いたことのある名曲と言っても過言ではありません。

 

キャッチーなメロディと心に触れる歌詞、襲い掛かってくるような熱い歌唱など、非の打ちどころが無い名曲。

 

何度聴いても、Bメロラストの『昨日のあなたが~』のくだりでゾクゾクしてしまいますね。

2位 世界をかえさせておくれよ


いろはすのCMソングに起用され、耳にしたことがある人も多いはず。

 

一発で記憶に残るサビもさながら、楽曲構成に度肝を抜かれます。

 

というのも、サビから一転、Aメロでは裏打ちのスカっぽいリズムに一変するんですよね。

 

一曲の中で楽曲の雰囲気が目まぐるしく変わるのに、そこにゴチャゴチャした煩雑さは無く、美しくまとまっているというのに驚愕し、山口さんの才能に感嘆します。

3位 青春狂騒曲


ワウワウを用いたイントロから始まる、印象的な一曲。

 

シンプルなサビが心地よく、思わず体を揺らしたくなりますね。

 

ちなみにガガガSPにも同名曲がありますが、全く関係はありません。

 

テクニカルなギターソロも聴きどころ。

4位 できっこないを やらなくちゃ


サビのアクセントの付け方が秀逸で、頭から離れなくなってしまう一曲。

 

意図的に作ったのか、自然に沸いて出て来たのか分かりませんが、山口さんの楽曲の深さを感じられますね。

 

日産・セレナのCMへの起用、テレビドラマ『チア☆ダン』の主題歌に使用されるなど、多くの人に受け入れられる楽曲であることが分かります。

5位 全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ


タイトルからいきなり目を惹かれる一曲。

 

山口さんの書く詩は、どの曲も非常に美しいですが、その独自のセンスがタイトルに滲み出ているように感じます。

 

ファンキーなギターと、心地よいリズムで踊りたくなりますね。

6位 そのぬくもりに用がある


文学感溢れるサビの言葉に打ちのめされてしまう一曲。

 

「涙→愛→五月雨」という構成がとにかく美しいですね。

 

リズムギターは主に16ビートのカッティングですが、ギターソロではパンクフィーリングが炸裂しているのが珠玉。

7位 光のロック


サンボマスターには珍しい、シンプルなロック調の一曲。

 

タイトルに「ロック」と入ってますし、アレンジもロックな感じを意図して作ったのかなと考えられます。

 

きらびやかなギターサウンドが光るリフも印象的。

8位 ラブソング


ピアノがアレンジの基調となっており、サンボマスターではある意味浮いている一曲。

 

ストリングスも途中から入ってくるなど、とくに美しい楽曲と言っても過言では無いでしょう。

 

優しくも図太い山口さんの声に、改めて聞き惚れること間違いありませんよ。

9位 I Love You


シンプルなラブソングが光る一曲。

 

「ユー ラブ ミー」という言葉に独自のセンスを感じずにはいられません。

 

ブレイクの使い方も気持ちよく、音楽的に楽しめる部分も盛りだくさん。

10位 歌声よおこれ


歌声がおこる、という表現がなんとも言えない壮大さを感じさせる一曲。

 

2ndアルバムのリード曲になっていることから、本人らも気に入っていることが伺えます。

「【熱いソウル】サンボマスターの名曲ランキング10!」まとめ

以上、サンボマスターの名曲を紹介してきました。

 

2000年の結成から、20周年目前でありながらも、一度もメンバーが変わらず、歩みを止めていないのはバンドにおいて非常に稀。

 

今もなお絶大な人気を博し、全国を走り回る彼らの魅力を、紹介した曲を聴き、堪能してもらえると嬉しいですね。

 

なおサンボマスターの曲は全て『amazon music umlimited』で聴けますので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

【アプリで音楽を満喫】Amazon Music Unlimitedでロックンロール三昧になろう!【ダウンロード可能】

ロックは実際にライブで浴びてこそ、その迫力を体感できるものなので、少しでも興味が沸けば、ぜひライブに足を運んでみてはどうでしょうか。

 

CDよりも100倍凄い熱狂をぜひどうぞ。

 

ベスト盤を一枚買うならば、圧倒的にボリューミーなこちらがおすすめなので、参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です