今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

【RCサクセクション】忌野清志郎の名曲ランキング10!

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

後世に名を残す日本のロックスター『忌野清志郎』。

 

RCサクセクションからソロ活動を経て、数えきれないほどの名曲を世に生み落として来ました。

 

長いキャリアゆえ、楽曲の数がけた違いに多く、後から興味を持った人が何から聴けばいいのか悩みやすいのも事実です。

 

ということでこの記事では、一度聴いたら耳から離れないこと間違いない、忌野清志郎の名曲を10つ紹介していきたいと思います。

 

厳密に言うとRCからタイマーズ・ニーサンズ、ソロと色々ありますが、とくに区分けはせず、「清志郎が歌った曲」という定義でチョイスしますので。

 

ぜひ珠玉の名曲の数々を知ってもらえると嬉しいですね。

忌野清志郎の名曲ランキング

1位 スローバラード

RCサクセクションを代表する、屈指の泣ける名曲。

 

イントロの美しいピアノで一気に楽曲の中に惹き込まれてしまいますね。

 

情景が淡々と述べられてる歌詞が琴線に触れ、圧倒的な完成度の高さに、ベストソングに挙げる人も多いです。

2位 雨上がりの夜空に

スローバラードと人気を二分し、甲乙つけ難いRCを代表する名曲である『雨上がりの夜空に』。

 

Sus4の心地よいリフで脳天をブチ破られないロックキッズはいないと言っても、過言ではありません。

 

RCのブレイクのきっかけとなった一曲であり、清志郎のことはよく知らずとも、曲だけは知っている人も多いです。

 

誰でも口ずさめる、覚えやすいキャッチーなサビが唯一無二。

3位 デイ・ドリーム・ビリーバー

近年、セブンイレブンのCMに用いられたことで、飛躍的に知名度を高めたタイマーズを代表する一曲。

 

そもそもタイマーズは活動のコンセプトも含め、楽曲も社会性を帯びた攻撃的な歌が大半であり、同曲は非常に例外的です。

 

ポップなバンドだと思ってアルバム全体を聴いたりしたら、腰を抜かすこと間違いありません。

 

オリジナルは、アメリカのポップロックバンド『モンキーズ』であり、原曲も合わせてチェックしたいところ。

4位 トランジスタラジオ

ストーンズ的な豪快なギターストロークからの、ソプラノ・サックスのリフがとにかく印象的な一曲。

 

美しさと派手さが絶妙にマッチしたアレンジが気持ちよく、夢見心地に連れて行ってくれますね。

 

トランジスタ・ラジオというのが、今から考えると時代性を感じさせますが、それがまた素晴らしき。

5位 明日なき世界


核問題や原子力発電の歌が問題となり、「素晴らしすぎて発売できません」という新聞広告で有名な、アルバム『COVERS』。

 

同アルバムの冒頭を飾る一曲が『明日なき世界』であり、オリジナルはバリー・マクガイア。

 

「世界が破滅するなんて嘘だろ?」という一節が胸に突き刺さってきます。

6位 いい事ばかりはありゃしない

「金が欲しくて働いて眠るだけ」という、人生の怠惰を感じる言葉が印象的な、スローなロックナンバー。

 

着飾ったものでは無く、思っていることをありのままに綴る、清志郎の歌詞の素晴らしさを感じます。

 

RCの暗黒時代から歌われていたナンバーであり、その時の気持ちが詰まっていますね。

7位 パパの歌

ソロ活動時代のヒット曲の一つ。

 

作詞家・糸井重里の提供詩に、清志郎がメロディを付けたもので、紹介する曲の中では特殊。

 

当初、業界関係者側が歌詞に難色を示したそうですが、結果的に大ヒットしたという逸話も。

8位 サラリーマン

「社畜」といった言葉が散見される昨今、自分の決めた道で素直に頑張っている人の背中を押す、同曲の良さを尚更強く感じます。

 

「子供じゃなけりゃ誰でも二つ以上の顔を持っている」という一節には、どんな大人も共感すること間違いありません。

 

優しいメロディが響く、シンプルな良曲。

9位 上を向いて歩こう

坂本九による世界的に有名な日本の楽曲である同曲を、ロックアレンジしたナンバー。

 

冒頭のリトル・リチャードばりの激しいピアノが、ロックンロール好きには思わず唸ってしまう心地よさ。

 

どんな曲でも清志郎が歌うと、「清志郎の曲」になってしまうところに、ボーカリストとしての清志郎の凄さを感じます。

10位 タイマーズのテーマ

タイマーズのテーマソングであり、先のデイ・ドリーム・ビリーバーの項で紹介した、モンキーズの楽曲である『モンキーズのテーマの替え歌』。

 

過激な歌詞も聴きどころですが、ハイハットを口で喋るという発想は流石としか言いようがありません。

 

過激とユーモアをマッチさせる清志郎のセンスには脱帽ですね。

「【RCサクセクション】忌野清志郎の名曲ランキング10!」まとめ

以上、忌野清志郎の名曲をランキング形式で紹介してきました。

 

溢れんばかりの才能で、10つに絞るのは難しいほど名曲が多い清志郎なので、上記で挙げた曲を取っ掛かりに、色々と聴き漁ってみてもらえると嬉しいですね。

 

ミュージシャンの中にも清志郎を敬愛する人は山ほどおり、それだけ多くの人に影響を与え続ける清志郎の魅力を、楽曲を聴くと実感できるはず。

 

日本のロックンロールの礎を作ったと言っても過言では無いRCサクセクション・清志郎に少しでも興味を持ってもらえると、この上ない喜びです。

 

なお忌野清志郎・RCサクセクション・タイマーズの曲は全て『amazon music umlimited』で聴けますので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

【アプリで音楽を満喫】Amazon Music Unlimitedでロックンロール三昧になろう!【ダウンロード可能】

ベスト盤を探している場合は、キャリアから網羅的に収録されているこちらがオススメなので、参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です