今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

【不滅】ゴイステ(GOING STEADY)の名曲ランキング10!

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

2000年代初頭の青春パンクブームを牽引したと言っても過言では無い『GOING STEDY』。

 

ボーカル峯田和伸を中心に結成されましたが、人気絶頂の最中2003年に突如解散し、その後は銀杏BOYSを経て、現在は実質的に峯田のソロプロジェクトとして活動しています。

 

そんなゴイステですが、たった2枚のアルバムしか残していないものの、とにかく珠玉の名曲揃い。

 

同時代に出て来た青春パンクバンドは星の数ほどいますが、明らかに峯田の作曲能力は突出しており、一度聴いたら耳から離れないキャッチーでメロディアスな楽曲ばかり。

 

今回はその中でも特に、これからゴイステを聴いてみたいと思っている人が、一瞬で気に入るであろう名曲を、10つ紹介していきたいと思います。

 

ぜひ圧倒的に素晴らしい楽曲に触れて、ゴイステの唯一無二の魅力に触れてみてくださいね。

ゴイステの名曲ランキング10

1位 BABY BABY

今もなお演奏され続けている、ゴイステを代表する一曲。

 

印象的な歌メロのギターリフから始まり、ふわっとしているのに妙に沁みる歌詞で一気に最後まで突き抜ける、有無を言わせない珠玉の内容。

 

銀杏BOYS時代にも再録されていますが、ゴイステ時代の方がなんとも言えない粗さがあり、そこが突出した良さを出しています。

 

「ゴイステの好きな曲と言えば?」と聞くと、次に紹介する『銀河鉄道の夜』と並び誰しも挙げる曲であり、一聴で夢中になることは間違いありません。

2位 銀河鉄道の夜


峯田和伸の才能ここに極まりし、と言わんばかりの独創性溢れる言葉遊びのような歌詞と、圧倒的にキャッチーなメロディが映える一曲。

 

ユーミンの『守ってあげたい』に酷似していると言われたりするものの、この借用のセンスも才能のうちだと感じます。

 

僕が東北出身ということもあり、何度聴いても『シベリア鉄道乗り換え 東北を目指します』の部分でゾクゾクしてしまうのです。

 

『BABY BABY』とは甲乙つけ難い大好きな曲。

3位 愛しておくれ


シンプル・イズ・ベストとはまさにこのこと。

 

必要最低限と言える歌詞であり、ひたすらに『愛しておくれ』と心の底から叫んでいるのが、ひしひしと伝わってきます。

 

必要以上に言葉を載せる必要は無く、重要なのは根幹にある熱い思い、ということを理解させてくれますね。

4位 東京少年


意味の無い散乱した歌詞に見えるものの、曲全体として聞くと何か意味を持っているように思えてくるのが峯田マジック。

 

サビの繰り返しが明らかに『カントリーロード』ですが、『銀河鉄道の夜』しかり、このオマージュのセンスは流石です。

 

とくに「赤とんぼ」のくだりが、日本の原風景を想像させ、なんとも言えない美しさを感じますね。

5位 童貞ソーヤング


一発で脳天をぶち破られるような、耳に残るギターリフが象徴的な一曲。

 

歌詞的にはほとばしる童貞の狂気が詰まっているような内容であり、人によって好みは分かれそうですが、この熱量がゴイステそのもの。

 

分厚いサウンドの壁も特徴的ですね。

6位 GOING STEDY


1stアルバム『GOING STEDY』の最後に収録されている、バンド名と同名曲。

 

演奏時間が1分ちょっとしか無く、かつ英詩で一瞬で駆け抜けるような曲ですが、フックの効いたシンプルさにゴイステの魅力が詰まっていると感じます。

7位 YOU&I


王道の青春パンクと言える、美しい青春の光景が浮かぶ一曲。

 

覚えやすいメロデイと歌詞に何かを感じずにはいられません。

8位 STAND BY ME


古くはベン・E・キングで知られるスタンドバイミーですが、こちらはゴイステのオリジナル。

 

Oasisなんかも同名曲を作っており、タイトルが脈々と受け継がれていく音楽の歴史の素晴らしさを感じます。

 

前半スロー、後半アップテンポというよくあるアレンジながら、珍しく英詩が登場するのが聴きどころですね。

9位 DON’T TRUST OVER THIRTY


ゴイステの1stアルバムの冒頭を飾る一曲。

 

タイトルを和訳すると「30歳以上は信用しない」という意味であり、『大人なんか信じられない』という、ブルーハーツから脈々と繋がる、若者の叫びが詰まっているような内容ですね。

 

冒頭の歌詞でグッとこみあげてくるものがあるはず。

10位 佳代


ゴイステを代表するバラード。

 

別れた彼女のことについて歌っている一曲であり、狂気を感じるような曲も多い中、峯田が普遍的な美しい曲も書けることがよく分かります。

「【不滅】ゴイステ(GOING STEADY)の名曲ランキング10!」まとめ

以上、ゴイステの名曲を紹介してきました。

 

『BABY BABY』『銀河鉄道の夜など、』銀杏BOYSになってからも演奏されている曲も多く、気に入った方はぜひそちらも聴いてみて貰えると、さらに楽しめるんじゃないかと思います。

 

なおゴイステ・銀杏BOYSの曲は全て『amazon music umlimited』で聴けますので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

【アプリで音楽を満喫】Amazon Music Unlimitedでロックンロール三昧になろう!【ダウンロード可能】

冒頭にも書いたように既にゴイステは解散しており、現在の銀杏BOYSはオリジナルメンバーも脱退し、実質峯田のソロプロジェクト。

 

しかし今回紹介したような曲は今でも歌われていますし、音楽はライブで見るに限ります。

 

素晴らしい曲を間近で堪能することは、必ず人生にとって衝撃的な体験になるでしょうから、ぜひ足を運んでみてもらいたいですね。

 

ちなみにベストアルバムは存在しないので、1枚アルバムを買うなら2nd『さくらの唄』がオススメなので、参考までに。

銀杏verもどうぞ。

【峯田和伸】銀杏ボーイズの名曲ランキング10!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です