ビートルズ・ストーンズなど聴き放題!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

ギターの弦が頻繁に切れる原因!確認したい3つのこと。【理由と対策法をまとめます】

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

「1弦や2弦がよく切れる」
「切れる原因が分からないから対策方法が分からない」

 

という悩みをお持ちではありませんか?

 

そこでこの記事では弦が切れる主な3つの原因と、対策についてご紹介していきたいと思います!

 

3分くらいで読めますし、弦切れが劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

 

最後にオススメのバラ弦も紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください。

ギターの弦が頻繁に切れる原因

①本体部品の損傷

弦が直接触れる部位が損傷によって鋭利になり、それが原因で切れることがあります。

 

よくある順番でそれぞれのケースを紹介していきましょう。

ブリッジ

ギター、ブリッジ
使い込んでるうちに溝が鋭利になり切れる場合が。

ナット

ギター、ナット
ブリッジと同じく、使い込んでいるうちに溝が鋭利になったり、傷が付いたりすると切れる原因になります。

フレット

ギター、フレット
稀なケースですが、ぶつけたりしたことが原因でフレットに傷ができ切れることがあります。

ペグ

ギター、ペグ
特殊なケースですが、ペグに鋭利な傷があると弦を張る際に切れる原因となります。

 

いずれのケースにしても、リペアマンでもない素人が見て「ここが鋭利になっている」と分かるのは至難の業(ーー;)

 

実際に弦が頻繁にブリッジやナット等の箇所で切れて、それが原因と思うならばリペアに持っていくのが得策でしょう。

②ピッキングが強すぎる

一番多い原因はピッキングが強すぎることだと思います。

 

特に初心者のうちは力加減が分からず、過度に激しいピッキングをしてしまいがち。

 

かく言う僕も、ピッキングが強すぎて弦を切ることが頻繁です(笑)

 

エレキギターでアンプから音を出して弾くのであれば、ピッキングの強さの大小はさほど関係がありません。

 

ピッキングが原因と思うのであれば、今一度ピッキングの方法を見直してみましょう。

③弦が劣化している

弦はその性質上、空気に触れた瞬間から徐々に劣化していきます。
サビが付いていればいつ切れてもおかしくない状況。

 

対策としては

 

・定期的に弦交換をする
・大量に買いだめをしない

といったことが挙げられます。

 

 

弦交換の頻度については、練習時間にもよるので一概には言えませんが、おおむね1か月が交換の目安です。

 

大量の買いだめがダメなのは、真空パックに包装されている弦でなければ使っていなくても劣化するからです。

 

僕は過去に大量に買いだめした結果、サビてしまい捨てる羽目になったことがあるので、くれぐれも皆さんは気を付けていただければ。

【危険!】ギター弦の買いだめは辞めよう。長期間放置すると錆びます!

「ギターの弦が頻繁に切れる原因!確認したい3つのこと。【理由と対策法をまとめます】」まとめ

考えられる理由

①本体部品の損傷
②ピッキングが強すぎる
③弦が劣化している

 

色々と対策をしても、結局切れるときは切れます。
ですので頭を切り替えて、いつ切れても困らない状況にしておくのが得策。

 

僕は常に1弦と2弦はバラで10本は予備を保有しています。

 

またスタジオやライブの際に急に切れると困るので、普段持ち歩くカバンに、常に全弦セット1組と1~3弦のバラ弦を3本づつ携帯。

・弦が切れてしまって自宅練習ができない
・スタジオで弦が切れて、1弦が無いまま残り2時間もバンド練習をしなければならない

そんな状況にならぬよう、常に予備は持っておきましょう!

 

最後に僕が普段使用している、耐久性とコスパに優れたバラ弦を紹介しますので参考にしてみて下さい。

 

1つあたり約80円と圧倒的にお得なので、いくつか常備してると便利ですよ。

ちなみにギター関係の教則本は、アマゾンの電子書籍読み放題サービス『Kindle unlimited』で、一か月無料で読み放題。

 

流し読みして自分に合う教則本を探すにはうってつけなので、いきなり紙の本を買うより絶対失敗しませんよ。

 

ギターマガジンも読めたりとお得だらけなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題【おすすめ本紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です