今なら4か月99円!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

アメリカの歴史を学べるおすすめ映画

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

以前から黒人音楽の発展と密接に関係している、黒人差別を題材にした映画を色々と見ていました。

 

そしで最近気づいたのが、結局はアメリカの歴史全体が音楽に強い影響を及ぼしていること。

 

例えばボブディランや、彼が影響を受けたウディガスリーなどの歌は、政治的抗議を含んだ歌であるプロテストソングとしてよく言われます。

 

1960年代前半の公民権運動や、ベトナム戦争介入などそういった時代背景があり、国民各々が抱えていた不満があったからこそ、より広く歌が受け入れられていきました。

 

別のジャンルであっても、その時歌われている歌詞の内容や、「その曲がなぜヒットしたか」といった部分を考えるには、多かれ少なかれ時代性を考慮して考えなければ、その本質は見えないはず。

 

そういった意味では、アメリカ経済に影響を及ぼす世界規模の出来事ですら、間接的には音楽に影響を与えている部分もあると考えることができますが、そこまで行くと中々キリがない話になってくるところなので、他国については割愛。

 

ということで、この記事ではロックンロールを生んだ国、アメリカの歴史を学べる映画を色々と紹介していきたいと思います。

 

音楽のサイトなので、切り口が音楽になってますが、純粋に歴史を学びたい人や映画好きな人も楽しめるはずですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アメリカの歴史を学べる映画

北国の帝王


おすすめ度
(5.0)

19世紀終わりから20世紀初頭に、アメリカで実在した渡り鳥労働者、通称「ホーボー」を題材にした映画。

 

鉄道に無賃乗車で乗り込み、自由にアメリカを放浪する様は、その精神性も相まって音楽・文学に強い影響を及ぼしました。

 

本作の舞台は1930年代の世界恐慌後の大不況が吹き荒れる時代。

 

北国の帝王と呼ばれる、伝説のホーボー「A・ナンバーワン」と、無賃乗車には殺害さえいとわない鬼車掌「シャック」との戦いを描いた内容です。

 

ボーボーのことを知りたくて見始めたのですが、純粋に映画の面白さに圧倒されてしまいましたね。

 

「男の為の映画」と評されることも多く、まさにラストの決闘シーンは圧巻。

シェーン

おすすめ度
(5.0)

史上最高の西部劇映画と名高い『シェーン』。

 

南北戦争後の西部開拓時代を描いた内容であり、とにかく主人公シェーンがカッコイイのなんの。

 

単なる銃撃戦を描いたようなヒーロー映画とは異なり、確固たる人間たちの魅力が感じられるのが珠玉です。

 

物語の発端は、牧場主と開拓民の抗争ですが、いつの時代も既得権益を守ろうとする人間はいるもので、時代の光と影を丁寧に描いているのも着目したいところ。

おすすめの視聴方法

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯

おすすめ度
(4.0)

シェーンとは異なり、実在した西部開拓時代の人物である『ビリー・ザ・キッド』。

 

数々の創作物で伝説的に描かれたこともあり、今もなお非常に人気が高いです。

 

同作はビリーの最後を題材にした映画であり、彼がどのように生きて、そして死にゆくのかが描かれています。

 

1860年代から90年代が『西部開拓時代』と呼ばれるものですが、掘り下げていくとかなり濃い時代。

 

ゆえに一朝一夕で理解できるものでは無いため、映画を入り口として、とりあえずの空気感を掴んでもらえれば。

おすすめの視聴方法

俺たちに明日は無い


おすすめ度
(5.0)

1930年代にアメリカで殺人や強盗を繰り返した、実在のカップル『ボニーとクライド』を描いた伝記映画。

 

2人の出会いから死までを詳細に描いており、世界恐慌・禁酒法という経済低迷期において、自由の象徴として扱われた彼らのことがよく分かるはず。

 

貧乏人からは金を巻き上げない姿勢などから、単なる殺人。強盗犯ではなく、今もなお英雄として語られることが多いです。

 

彼らが民衆に圧倒的に受け入れられた事実を理解すると、当時のアメリカがどのような空気感を持っていたか察することができますね。

おすすめの視聴方法

デリンジャー

ボニーとクライドと人気を二分し、FBIから「社会の敵ナンバーワン」と呼ばれたギャング『ジョン・デリンジャー』の半生を描いた伝記映画。

 

俺たちに明日は無いと甲乙つけ難いほど面白く、同時代を舞台にした作品ということもあり、セットで見ておきたいですね。

 

自由奔放で豪快かつ鮮やかな彼の生き様が映し出され、冒険心をそそられる素晴らしい映画だと感じました。

 

今もなおファンクラブが存在し、毎年命日には行事が行われるほどで、それだけ人を惹きつけるデリンジャーの魅力は映画を見ればきっと分かるはず。

おすすめの視聴方法

※唯一無料で見れるのがU-NEXTでした。無料体験で見た後解約でOK。

J・エドガー


おすすめ度
(3.5)

初代FBI長官にして、就任から死去まで実に8代の大統領に仕えた人物である『ジョン・エドガー・フーバー』の伝記映画。

 

今や世界中の誰しもが知る巨大組織を育て、科学的な捜査方法の導入など偉大な功績が多いものの、権力乱用で賛否の分かれる人物であります。

 

様々な人物のスキャンダルを徹底的に集め、時の大統領ですら、フーバーの報復を恐れて手が出せなかったというほど。

 

逆に自分の情報は全く残さないという徹底的なやり方でしたが、彼が同性愛者であったという噂が後を絶ちませんでした。

 

作中では同性愛の様や、いわゆるマザコンぶりが描かれており、推測の域をすぎないでしょうけども、優秀な仕事の影に隠れていた私生活も映し出されます。

 

物語の題材や俳優の演技は文句無しに良いものの、映画の構成が散漫で、分かりにくい作りでしたので評価は抑え気味。

 

とはいえ、フーバーという人物を知るにはうってつけの映画ですので、興味があるならば見ておくべきと言えるでしょう。


おすすめの視聴方法

JFK


おすすめ度
(4.0)

アメリカの歴史上、最大のミステリーと言っても過言では無い、『ジョン・F・ケネディ暗殺事件』。

 

あまりに不可解な点や矛盾点の多い事件に疑問を持ち、大統領暗殺をめぐる唯一の訴訟、通称『クレイ・ショー裁判』を起こした地方検事、『ジム・ギャリソン』を主人公とした、伝記的映画です。

 

実に3時間という超大作の内容ですが、謎にぐいぐいと惹き込まれ、時間を忘れて没頭させられる内容。

 

アメリカを理解する上では欠かせない事件であることは間違い無いので、目を通しておくと間違いありません。

おすすめの視聴方法

スノーデン


おすすめ度
(5.0)

アメリカ国防機関「NSA」の盗聴監視システムを暴露し、世界中を騒がせた「エドワード・スノーデン」の半生と暴露までを描いた作品。

 

「正義」とは何か?「正しさ」とは何か?を改めて考えさせられる内容であり、物事の見方は人によって簡単に変わってくると思ったところ。

 

あまりに近代の内容なので、音楽の歴史とはほぼ関係無いですが、前半で紹介してきた映画で見てきたように、自由の象徴であったアメリカが、一大監視社会になっている現状に、先人たちの精神性が希薄になっているのを感じずにはいられません。

 

現代におけるアメリカを正しく認識したい人にオススメ。

おすすめの視聴方法

黒人差別系

あまりに数が多いので、別記事にまとめてます。

 

奴隷制時代、南北戦争など、大きな時代別に分かれてますので、気になる時代を参考にしてみてください。

黒人差別・奴隷制を扱ったおすすめ映画を紹介【覚えておきたい歴史】

「アメリカの歴史を学べるおすすめ映画」まとめ

以上、アメリカの歴史を学べる映画を淡々と紹介してきました。

 

僕自身まだまだ見れてない作品があるので、随時内容は更新していきます。

 

現状のトピックとしては黒人差別系がやたらとボリューミーになっているので、他の側面についても知見を深めていきたいなと。

 

一般的にはビートルズやローリング・ストーンズの出身であることから、イギリスが音楽の一大産地として捉えられますが、全ての根源はアメリカから生まれています。

 

ブルースを産み出し、ロックンロールに発展させるといった、歴史的な事象はまさにアメリカあってこそであり、アメリカの歴史を学ぶことは音楽の歴史を学ぶこととほぼ同義になると言っても過言ではないでしょう。

 

学生でも社会人でも、歴史は音楽に繋がってくると認識すると、さらに興味をもって学べることは間違いありませんので、ぜひ楽しく映画を見てもらえると嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です