月額780円~音楽好きには『amazon music umlimited』がおすすめ♪【クリックして読む】

【写真付き】フェスに行く際の服装・持ち物

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

こちらの記事は『【シュチュエーション別】ライブ時の服装・持ち物を徹底解説』に関連した内容です。

 

このページでは初心者向けにフェスに行く際の服装を解説していきます。

 

写真付きで分かりやすい内容になってますので、ぜひ参考にしてみてください。

フェスに行く時の服装・持ち物

フェスの入り口

今や夏の風物詩となった野外フェス。
山間部で開催されることが多く、日中は強い日差しが降り注ぎ、夜は夏場でも冷え込む過酷な環境。

 

きちんと対策して行かなければ、体調を崩しかねません。

 

必需品からあった方がいいものまで、丁寧に紹介していきます。

フェスの服装

 

日中の服装例

フェスに行く際の日中の服装例

夜の服装例

→画像

最終的にこんな服装になるとイメージして、準備を進めてみてください。

フェスの必需品

 

マウンテンパーカー

先にも書いたように、山間部では夏場であっても夜は急激に冷え込みます。

 

春先や秋に開催されるものなら尚更。

 

そのため防寒対策としてマウンテンパーカーは必須と言えますし、雨対策としても有効ですね。

 

おすすめのマウンテンパーカーはこちら。
Amazonベストセラー1位で、なんと3000円以内で買える破格商品。

フェス以外でも使い道は十分ありますし、迷ったらこれでOKですね。

リュックorショルダーバッグ

多くのブログでは、ショルダーバッグが必需品として紹介されていますが、必ずしもそうとは言えないです。

 

それは、フェスを前方で見るか、後方で見るかによって異なります。

・ショルダーバック

前方のモッシュゾーンで見るならば、間違いなくショルダーバックが良いです。

 

リュックでは自分も邪魔ですし、周りの人に迷惑がかかることも。

 

しかしショルダーバックの難点は、日中気温が熱い時に服をしまうことができないこと。
マウンテンパーカーを着て行って熱い時は腰に巻くしかないでしょう。

・リュック

後方でゆっくり見れればいいよ、という方はリュックが断然オススメ。

 

服をしまうこともできますし、グッズを先に買って入れておくこともできますよね。

 

定番品で丈夫なノースフェイスのリュックが無難。

 

手ごろな大きさで収納力も抜群。普段使いもできます!

帽子

僕は初めてのフェスで帽子を準備しておらず、日差しがキツく、苦しい思いをしました。
ですので帽子は無くてはならない必須アイテムと断言します。

 

いわゆる通常のキャップではなく、つばが全体に広く付いてるものがオススメ。

 

後方からの日差しも防いでくれる優れもの。

僕が愛用しているのはこちら。
見た目もオシャレでカラーバリエーション豊富なのがオススメです。

スニーカー

サンダル等でなく、必ずスニーカーにしましょう。

 

会場の端から端まではかなりの距離であり、フェス当日は相当な距離を歩きます。
歩きやすい使いなれたスニーカーで行きましょう。

 

しかし、雨の場合は非常に地面がぬかるんでおり汚れます。

 

その際は長靴を使うなど、天候に合わせて柔軟に使いましょう。
日本野鳥の会の長靴が機能性にすぐれ丈夫です。

モバイルバッテリー

意外と盲点なのがこれ。

 

フェスは朝から晩まで行われ、長い一日で友人と連絡を取ったりと、スマホを多用します。

 

モバイルバッテリーが無いと間違いなく電池が切れる事態に陥ります。
くれぐれも忘れずに準備していきましょう。

タオル

言わずもがなの必需品。

 

日中は日差しが降り注ぎ、間違いなく汗をかくのでタオルは必須。

 

事前に準備していくも良いですし、会場で公式タオルを買うも良いでしょう。

替えのTシャツ

汗をかきますし、終演後着替えるために替えは必須。

 

準備を怠らずカバンに仕込んでおきましょう。

フェスにあれば便利

フェスの様子

水筒

会場で売られている飲食物はフェス価格。

 

飲み物一つとっても結構な値段なので、熱中症対策も兼ねてアクエリアス等を水筒に入れて持っていくのもアリ。

 

フェスに来たからには酒を飲みまくるのだ、みたいな方は関係ないですけどね。

熱中症対策の飴

同じく熱中症対策用品。

 

いわゆる塩飴というやつですね。

 

小腹が空いたときに舐めるのが効果的。

防水スプレー

靴に吹きかけておくと雨の際、劇的に汚れを抑えられます。

カイロ

夕方以降の冷え込み対策に。

サングラス

日差し対策に有効。

 

メガネの方でも、JINZやzoffで6500円~作れちゃいます。

 

僕も作りましたが便利で愛用しています。

Zoff

シート

地面に座って休む時用に、シートがあれば便利。

一人用サイズ1500円程度でお手軽です。

→『【シュチュエーション別】ライブ時の服装・持ち物を徹底解説』へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です