今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

フェスにおすすめのモバイルバッテリー3選!【軽量・高速充電】

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

フェスの必需品というと、皆さん思い浮かべるのは「帽子・カバン・マウンテンパーカー」など、身に纏うものばかり浮かんできませんか?

 

実はフェスではモバイルバッテリーが完全なる必需品。

 

想像するとすぐ分かりますが、当日は友人と連絡を取ったりなど、何かとスマホを使い、ぐんぐん電池が減っていきます。

 

「帰る時には電源が落ちていた」なんてことになると困るのは間違いありませんので、くれぐれも準備しておきたいところ。

 

しかし、いざモバイルバッテリーを買おうと思っても、種類が多すぎてなかなか選べませんよね。

 

そんなわけで本記事では、ライブ観戦・フェス観戦5年以上の僕が、機能性・コスパに優れたおすすめのモバイルバッテリーを紹介していきます。

 

日常でも使えるものなので、ぜひ使い勝手の良い物を見つけて便利な生活を送りましょう。

フェス用のモバイルバッテリーを選ぶポイントとは?

1.バッテリー容量
2.重量

選ぶポイントは主にこの2つですが、もう少し掘り下げて説明していきます。

①バッテリー容量が多いモバイルバッテリーがおすすめ

山間部ではコンセントで充電を補給できることはまず無いですし、可能な限り容量が多く、数多く充電できるモバイルバッテリーであった方が間違いなく良いです。

 

とくにキャンプに泊りがけで行く人なんかは、大容量は必須ですので、「こんなに容量が必要かな?」と思うくらいの物でも十分。

 

普段使いで考えても容量が多くて困ることは無いですし、一番重視したいポイントと言えるでしょう。

②重量が軽いモバイルバッテリーがおすすめ

何かと荷物が多くなるフェスゆえ、モバイルバッテリーも軽い方が良いに越したことはありません。

 

種類によって重さが結構違うケースもあるので、必要な機能性を満たしながら、なるべく軽い物を選びましょう。

 

ということでポイントを踏まえ、おすすめのモバイルバッテリーをランキング形式で一緒に見て行きましょう。

 

なお、モバイルバッテリーを販売している会社はいくつかありますが、基本的に「Ankr(アンカー)」製のものが、圧倒的に高品質でオススメです。

 

僕も長年愛用して間違いないと言えるので、「Ankr」製から厳選して選んでいきますね。

フェス用おすすめモバイルバッテリーランキング

1位 Anker PowerCore 10000

バッテリー容量 10000mAh
重さ 180g

世界最小・最軽量をウリにした商品。

 

クレジットカードほどのサイズで、スマホを約2~3回充電可能と機能性も抜群です。

 

1位で紹介した理由は、「もっとも充電容量と軽さのバランスが良いから」と言えるためであり、迷ったらこれを選べば間違いないと言える一品。

 

カラーバリエーションも豊富で、通常は黒と白しかないモバイルバッテリーですが、本機種はなんと青・赤という色があり、個性的なものが好きな人にもピッタリと言えるでしょう。

 

僕も実際に手に取ったことがありますが、小ぶりなサイズ感と軽さを実感し、技術力に圧倒されました。

2位 Anker PowerCore 20100

バッテリー容量 20100mAh
重さ 356g

とにかく大容量の物が欲しい人にオススメしたい機種。

 

表を見ると分かるように、先のと比べるとバッテリー容量がなんと約2倍。
その分重量も倍になってますが、容量がすざまじい分、我慢せざるを得ないところ。

 

スマホ充電が5回以上可能で、「実際そんなに使うのか?」と思う人もいるかもしれませんが、キャンプなどで泊まり込みでフェスに行く人は、これくらい容量があった方が安心。

 

それに重いと言ってもせいぜい缶ジュース1個分なので、そもそも他の機種が軽すぎるだけで、大した負担にはなりませんので、安心感を得たい人はぜひどうぞ。

3位 Anker PowerCore Fusion 5000

 

バッテリー容量 5000mAh
重さ 189g

フェスで使うと考えると、さほど利便性が高いとは言えないですが、日常生活との併用と考えると一番役立つ機種。

 

何が便利かというと、通常のコンセント使いの充電器とモバイルバッテリーを兼ねている唯一のタイプだから。

 

正直フェスなどの山間部に行ったところで、コンセントが活躍する余地はありませんが、出張や普通の旅行などホテル・旅館に泊まる際に、これほど便利なものはありません。

 

よく考えると分かるのですが、宿泊する際に、先のような通常のモバイルバッテリーしか持っていなければ、モバイルバッテリーとコンセント充電器といったように、2台持って行く必要が出てきます。

 

こちらは単純に一台二役をこなすので、その分荷物が減るということですね。

 

僕はホテルに宿泊することが多いのでこちらの商品を愛用しており、「たかが充電器1台」と思うかもしれませんが、荷物が少なくなり非常に役立ってます。

 

スマホ1~2回の充電と、やや心もとない部分はあるものの、フェス以外でも出かけることが多い人には断然オススメ。

「フェスにおすすめのモバイルバッテリー3選!【軽量・高速充電】」まとめ

以上、フェスにおすすめのモバイルバッテリーを紹介してきました。

 

デザインに拘る物でもないですし、自分が欲しい機能をちゃんと備えている物を選んでもらえれば、フェス当日に大活躍するのは間違いありません。

 

盲点となりがちな準備物ですので、ぜひしっかりと準備して行って欲しいですね。

 

最初の方に書いたように、モバイルバッテリーは会社や学校など、普段でも非常に役立つ便利品ですので、今まで持ってなかった人も、この機会に1台持っておくと人生が捗りますよ。

 

また最後に伝えておきたいのが、フェスは非常に楽しく、一生に一度の思い出になるものですが、準備が悪いと楽しいものも楽しめなくなるもの。

 

モバイルバッテリー以外にもフェスの際に準備しておくと役立つものが沢山あり、別記事で紹介してますので、あわせて参考にしてもらえると嬉しいです。

 

なお以下の記事は特定のフェスがタイトルに入ってますが、フェスの準備物は基本的に一緒なので、自分が行く季節を踏まえて見てもらえればと思います。

 

【春のフェスに行く際の持ち物・服装】

アラバキ(ARABAKI)の服装、持ち物は?フェスの必需品を伝授!

【夏のフェスに行く際の持ち物・服装】

サマソニの服装、持ち物は?フェスの必需品を伝授!

【秋のフェスに行く際の持ち物・服装】

風とロック芋煮会の服装、持ち物は?フェスの必需品を伝授!

ぜひ準備を万端にして、一生に一度の思い出になるフェスを、思う存分楽しんで来てもらえると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です