月額780円~音楽好きには『amazon music umlimited』がおすすめ♪【クリックして読む】

【定番】フェスにおすすめのリュック5選!普段使いもOK

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

フェスに行く前にしっかり考えておきたいのが、荷物の持ち運び。

 

主にリュック派とショルダーバック派に分かれますが、僕は断然リュック派。
リュックの方が圧倒的に収納力が高く、利便性が高いので好んで使っています。

 

そしてこれからフェスに参加するために、リュックを買おうと思ってる方は、種類が多すぎてなかなか選べませんよね。

 

そこで本記事では、ライブ観戦数50本以上でフェスにも何度も言ったことのある僕が、フェスで使うということに重点を置いて、機能性・コスパに優れたリュックの選定方法と、おすすめ商品を紹介します!

 

きっとお気に入りのリュックが見つかること間違いありませんので、参考にしてみてくださいね。

フェス用のリュックを選ぶポイントとは?

1.収納力
2.デザイン性
3.耐久性

拘っていくといくらでもありますが、重要な選ぶポイントはこの3つ。

 

もう少し掘り下げて説明していきましょう。

①収納力に優れたリュックがおすすめ

ショルダーバックではなくリュックにする理由は、たくさんの荷物を入れるため。
利便性も考慮したうえで、可能な限りで容量の大きいものにすべきです。

 

ショルダーバッグとあまり容量が変わらなければ、リュックの意味が無いですもんね。

 

それに季節が春や秋で、「マウンテンパーカーを着て行ったら暑かった」なんて際も、リュックならば簡単に収納可能。

 

物販でグッズを先に買っても入れられますし、とにかくたくさん詰め込めるのがリュックの魅力ですね。

 

「前方に行って暴れまくって楽しみたい」みたいな人はリュックだと邪魔かもしれませんが、少なくとも中盤~後ろの方でゆったりと観戦する人はリュック一択と言っても過言ではありません。

②デザイン性に優れたリュックがおすすめ

いくら収納力に優れコスパが良くても、地味でありふれたリュックでは嫌ですよね。

 

デザインが気に入らないと使わなくなってしまう原因にもなりますので、しっかりと吟味して気に入ったものを選びましょう。

 

また選ぶ際には普段使いもする、という観点で選ぶのがオススメ。

 

フェスだけにしか使わないとなると、年間数回しか使わないことに。
それでは勿体ないので、せっかくならば普段も使えた方が良いのは間違いありません。

 

色んなメーカーや色のリュックがあるので、お気に入りにものを探してみましょう。

③耐久性に優れたリュックがおすすめ

フェスが開催されるのは山間部が多く、気温や天候などが多用な状況でリュックを使うことに。
人の波に押されることもよくあります。

 

そのため耐久性は非常に重要。
せっかく買うのだから長く使いたいのは、当然のことですもんね。

 

無名のメーカーだと信頼性に乏しく、買ってから後悔することも多々ありますので、名の知れた安心できるメーカーから選ぶのが無難です。

 

ということで、ここまでのポイントを踏まえた上で、おすすめのリュックをランキング形式で一緒に見ていきましょう。

フェス用おすすめリュックランキング

1位 ザ・ノース・フェイス/リュック BC ヒューズボックス2

サイズ タテ:46 cm/ヨコ:33 cm/マチ:15 cm
カラー 12色
容量 30リットル

第1位はアウトドアの定番「ザ・ノース・フェイス」のリュック。

 

長らく世界中で愛されているメーカーだけあって、トータルの性能は抜群。
そして、前面にあしらわれたロゴが圧倒的にカッコ良く、男性にオススメです。

 

カラーバリエーションが圧倒的に豊富で、なんと12色もありますので、好きなデザインが間違いなく見つかるはず。

 

機能性にも優れ、型崩れしないボックス型の形状が便利で、荷物の出し入れがものすごく楽なのも魅力的。

 

もちろん大容量で、フェスの主な荷物のマウンテンパーカーから何まですっぽり収納できますよ。

 

何気にPC収納部が付いているのが便利で、普段使いにも重宝する品。

 

迷ったならばノースフェイスを選んでおけば間違いはありません。

2位 ニクソン/ LANDLOCK II BACKPACK

サイズ 高さ:47cm/幅:29cm/マチ:18cm
カラー 2色
容量 33リットル

リュック好きの間ではすぐに名前が挙がる定番メーカーのニクソン。
フェスでも見かけることが多く、人気の高い品。

 

シンプルながらおしゃれなアクセントが魅力的なリュックであり、カラーは全2色です。

 

細かいところに非常に拘っており、複数のポケットの搭載により、とにかく使いやすさに重きを置いています。

 

今回紹介する中ではもっとも容量が大きく、なるべく多く荷物を入れたい人はぜひ検討したいところ。

 

人気女優「広瀬すず」がドラマで使用していたことで知られるようで、小柄な女性でも難なく背負えるのもポイント。

3位 カリマー/デイパック eclipse27

サイズ タテ49cm/ヨコ33cm/マチ19cm
カラー 7色
容量 27リットル

高級感のあるデザインに定評がある、1940年創業のイギリスの老舗メーカーの品。

 

落ち着いた色味で全7色がラインナップされており、派手な色が苦手な人にオススメ。

 

また特殊な高強度ナイロンを用いているため、耐久性に圧倒的に優れていることで知られています。

 

かなりガッチリした作りが魅力で、重い物を入れてもびくともしないので、フェスにもうってつけと言えそうですね。

4位 Columbia/CASTLE ROCK 20L BACKPACK2

サイズ タテ:45cm/ヨコ:30cm/マチ:16cm
カラー 2色
容量 20リットル

20Lという小さすぎず大きすぎずの絶妙なサイズ感が魅力で、とくに女性におすすめしたいリュック。

 

とにかく使う人の利便性に重視しており、背面部が蒸れにくいS字になっていたり、レインカバーも付いていたり。

 

軽量なので長時間背負っても、肩の痛みはさほど大きな心配はいりません。

 

なるべく小ぶりで機動性が良いものを探している場合はうってつけでしょう。

5位 エーグル/THバックパック20 ZNH067J

サイズ タテ48cm/ヨコ27cm/マチ15cm
カラー 3色
容量 20リットル

独特なスタイリッシュなデザインがとくに目を惹くエーグルのリュック。

 

皆と同じ物ではなく、個性的なものを使いたい人にオススメです。

 

とくにツヤツヤした赤色はひと際目立つため、派手なものが好きな人にはうってつけ。

 

20リットルと収納力は高くないものの、レインカバーなど実用性にもきちんと拘っているところがGOOD。

「フェスにおすすめのリュック5選!」まとめ

 

以上、フェスにおすすめのリュックを紹介してきました。

 

先にも書いたように選ぶポイントはいくつかありますが、人それぞれ重視するポイントが違いますので、自分の好みに合うものを選んでみて下さいね。

 

本記事で紹介したリュックであれば、機能性もデザインも満足でき長く使える物となるのは間違いありません。

 

また、キャンプなど泊りがけでフェスに行く場合は、テントにリュックを置いておき、歩き回る時はショルダーバッグというように使い分けるのが便利。

 

おすすめのショルダーバッグも紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください。

【定番】フェスにおすすめのショルダーバック5選!普段使いもOK

フェスは非常に楽しく、一生に一度の思い出になるものですが、準備が悪いと楽しいものも楽しめなくなるもの。

 

リュック以外にもフェスの際に準備しておくと役立つものが沢山あり、別記事で紹介してますので、あわせて参考にしてもらえると嬉しいです。

 

なお以下の記事は特定のフェスがタイトルに入ってますが、フェスの準備物は基本的に一緒なので、自分が行く季節を踏まえて見てもらえればと思います。

 

【春のフェスに行く際の持ち物・服装】

アラバキ(ARABAKI)の服装、持ち物は?フェスの必需品を伝授!

【夏のフェスに行く際の持ち物・服装】

サマソニの服装、持ち物は?フェスの必需品を伝授!

【秋のフェスに行く際の持ち物・服装】

風とロック芋煮会の服装、持ち物は?フェスの必需品を伝授!

準備万端で、ぜひ思う存分フェスを楽しんで来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です