月額780円~音楽好きには『amazon music umlimited』がおすすめ♪【クリックして読む】

【図解】『初心者でも分かる』DTM環境の作り方!必要機材・選び方・学び方を全て伝授。【独学】

「DTMを始めようと思うんだけど、何を買えばいいのかさっぱり分からない。身近に詳しい人もいないし困った」

 

このような疑問に分かりやすくお答えします!

 

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!管理人は現役ギタリストとして活動中で、自身のバンドのデモを作成したり、音源編集をする際に頻繁にDTMを活用しています。

 

この記事では

・DTMを始めるために準備すべき機材
・DTMの学習方法

 

について解説していきます。

 

技術の進歩は著しく、今や個人が自宅にいながら高クオリティの音楽を作れるようになりました。
個人がDTMで作った曲が大ヒットしたりするなど、まさに世は「DTMドリーム」で溢れています。

 

「DTMで名曲を作って有名になりたい」
「カッコイイBGMを作れるようになって、DTMを仕事にしたい」

 

DTMを始める目的はさまざまでしょうけども、ぜひ最初の一歩を踏み出すためにこの記事を参考にしていただけると嬉しく思います(^^)

DTM環境を作るために必要な機材

完成形を分かりやすくイメージしてもらいたいので、最初にこちらの図をご覧ください。

DTMのセッティング図

これだけ見て「なるほど!よく分かったぞ!」となる方はいないと思いますので、一つづつ機材を解説していきますね!(笑)

 

初心者必須DTM機材① 高スペックのパソコン

DTMに使用しているパソコン(windows)

DTMを始めるためには、まずはパソコンからです。

 

最低限必要なPCスペック
・core i5~
・メモリ8G~
・SSD搭載
・windowsの場合64bit

 

細かい説明は別記事で解説したいと思いますので、ここではざっくりと。これらに当てはまるスペックを選んでおかないと、「重くて使い物にならない」といったことになりかねません。

 

ちなみに僕のPCスペックはこんな感じ。

 

・Windows10
・Core i7
・メモリ8G
・64bit

 

そしてパソコンを買うとなるとスペック以前に、windows・macどちらにすべきか、という問題がありますが、絶対に「mac」にすべきだと僕は断言します。

 

「お前ウィンドウズ使ってるのに何を言ってるんだ!」と思うでしょうけども、ウィンドウズを使ってて「mac」の方が良かったと、激しく後悔してるからなのです。。。

 

というのも、そもそもwindowsとmacではPCの基本スタンスが違います。

 

Windows=企業などのビジネスシーン向け

 

Mac=クリエイター向け

 

となっており、DTMのようなクリエイティブなことをやるのには断然macの方が向いています。

 

当然DTMで音源を作れば、それをPVにしてyoutube投稿したりするなど発表をしたいですよね?
その段階になると動画編集・画像編集などDTM以外にも色々な作業が出てきます。その際にもmacは無料で使える動画編集ソフト「i move」が付いてたりと、めちゃくちゃ便利なんですよ。

 

その他にもiphoneとの互換性が抜群なので、データ移動・共有などがとにかくスムーズ。

 

極めつけは「Garege band」というDAWソフトがmacには標準搭載されているんですよね。macハンパないぞ。。。

 

ここまでmacを絶賛しているのに僕がwindowsを使っているのは、DTMを始める2年前に無思考でwindows vistaからwindows10へ買い替えてしまっていたから。
その時はDTMをやるなど微塵も考えていませんでしたからね。。。

 

幸い高スペックなものを買っていたので、そのままDTMで使えていますが、これから買うと言う方は僕のように後悔しないように「mac」を買っちゃいましょう。
僕も次に買い替える時はmacにする予定です(ーー;)

 

 

初心者必須DTM機材② オーディオインターフェイス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2 オーディオインターフェイス

オーディオインターフェースは簡単に言うと、音声をパソコンに取り込むための機械です。
写真の囲んだ箇所にケーブルを差し込み、マイクやギターから音を入力します。

 

それでもって、オーディオインターフェースの値段はピンキリ。
安いもので5000円未満、高いものでは10万円近いものもあります。

 

高いものは当然それなりの良い理由があって高いのですが、じゃあ最初からそんなものが必要かというとそうでもありません。

 

最初は最低限の機能を備えた物を買って、今後何年間もDTMをやり込んでいく過程で、本当に必要性を感じた時に上位種を手に取ればいいと思いますよ。
基本的には高いものほど、入力・出力できる数が多く、音質も良いといった感じ。

 

おすすめは僕も愛用している、こちらのオーディオインターフェース。
赤いデザインがカッコよく、なにより価格もリーズナブルで機能も十分です。

 

オマケのプラグイン(パソコンに追加して使える音やエフェクト)もたくさんついてるので、中級者クラスになってからも使い勝手が抜群。

 

入力は2つですが、個人で楽曲制作する分にはこれで十分ですね。
僕はマイクで一つ、ギターシールドで一つ使っています。

初心者必須DTM機材③ DAW(作曲ソフト)

DTMを始める際に、まっさきに思い浮かぶのがDAWソフト。
結論から言うと、有料ソフトは入りません。

 

Macは最初から「garage band」というソフトが入っていますし、widowsであっても高機能なフリーソフトが多数使えます。(もちろんmacでもフリーソフトが使えます)

 

「フリーソフトってウイルスとか大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、まったく心配はありません。
というのも、有料ソフトを販売している会社が、機能を削って無料版として提供しているからです。

 

機能を削っていると言っても、最初から有料版の機能全てを使いこなせる初心者はいませんので、むしろ削られている方がシンプルで分かりやすく、基本を覚えるには持ってこいです。

 

まずは無料版から始め基本を覚え、有料版の機能が欲しくなったときに買えばいいと思いますね。

 

僕は「studio one」というソフトの無料版で始めましたが、今から始める方は「Cakewalk by BandLab」が圧倒的におススメです。
というのも、「Cakewalk by BandLab」は2017年まで5~6万で売られていたものが、機能が削られ無料になったソフト。

 

僕も今から始めるなら、間違いなく「Cakewalk by BandLab」を使いますね。

 

ダウンロード方法はこちらの記事を参考ください。

ちなみに最初に使うソフトをどれにするかは、ものすごく重要です。
DAWソフトは「音を編集・加工し、書き出す」という基本的なところは一緒ですが、設定や細かい使い方などはソフトによってぜんぜん違います。

 

すなわち、後からソフトを乗り換えようとすると、最初から覚え直しになっちゃうんですよね(ーー;)

 

なのでどうしてもこのソフトが使いたい、といった拘りがある方は、迷わず最初から使いましょう。
僕は何も考えずstudio oneを使い慣れてしまったので、乗り換えられなくなりました(笑)

初心者必須DTM機材④ 録音用マイク

BEHRINGER ( ベリンガー ) / Ultravoice XM8500&マイクスタンド

ボーカロイドを使う、インストしか作らない、という人は少数派だと思いますので、必須機材としてマイクも紹介していきます。

 

マイクと言えば「ゴッパー」と言われるほど定番なのが「SHURE:SM58」。

しかし、僕は約4分の1の値段の「BEHRINGER ( ベリンガー ) / Ultravoice XM8500」を愛用しています。

 

特にマイクへの拘りが無いのであれば、これで十分ですね。
マイクは何本あっても使い道はありますので、後から「SM58」を買って併用するも良し。

 

マイクスタンドはあった方が便利なので、一緒に揃えておくことをオススメします。

あった方が便利なもの

ここらは必須機材ということでなく、あった方が良いものを紹介していきます!

初心者必須DTM機材⑤ モニター用ヘッドフォン

MDR-CD900ST/SONY

これからDTMを始める方であっても、おそらくヘッドフォンやイヤホンは持っているかと思います。

 

しかしDTMを使うにあたっては、それらのヘッドフォンはあまりおすすめできません。
というのも、ヘッドフォンは大きく分けて2種類あります。

 

リスニングヘッドフォン・・・音楽を聴いて楽しむためのヘッドフォン。低音を大きくするなど、聞き心地が良くなるように音に変化を加えられている。

 

モニター用ヘッドフォン・・・プロの現場で使われる、原音を忠実に再現することに重きをおいたヘッドフォン。

 

つまり今まで使用していたヘッドフォンでDAWを使うと、自分で編集した音と違う音が聞こえてきてしまうんですよ。少しの音の違いに拘って本格的に作曲するとなれば、これってかなり問題ありますよね?

 

ということで、できればモニター用ヘッドフォンは買うべきアイテムですね。
おすすめは日本のプロ向けレコーディングでの使用率「99%」と言われる大定番ヘッドフォンで、僕も使っているソニーの「MDR-CD900ST」です。

 

15,000円近くと値段は張るものの、一生使えるヘッドフォンとして愛用品になること間違いありません。

 

初心者必須DTM機材⑥ MIDIキーボード(電子ピアノ)

roland/GO:KEYS GO-61K

キーボードが無くてもPCで直接入力できますが、あった方が確実に便利です。
作業効率が上がりますし、なにより自分で弾いた方が人間らしい細かいニュアンスが出しやすく、音楽的なクオリティも上がります。

 

MIDIキーボードと電子ピアノは似て非なるものでして、

 

MIDIキーボード・・・DAWに入力するためだけのキーボード。DAWに接続していないと音は鳴らない。

 

電子ピアノ(MIDI入力対応)・・・DAWに繋いでなくても単独で音が鳴らせるキーボード。DAW使用時のMIDIキーボード、普通に音を鳴らし弾き語りなどに使えるキーボードという、2つの用途で使える。

 

といった違いがあります。
本格的にDTMをやりたいのであれば、最低限の基礎的なキーボードは弾けた方が良いので、MIDIキーボードではなく電子ピアノ(MIDI入力対応)をおすすめします。

 

基本的に鍵盤数が多いものほど値段は高くなりますが、広い音域を簡単に入力できて便利です。
しかし結構なスペースを取るのがキーボードの難点なので、置く場所が無ければコンパクトな37鍵などの小さめにするなど配慮が必要です。

おすすめは僕も使っているrolandの「GO:KEYS GO-61K」ですね!
赤黒のデザインがカッコいい61鍵、しかもリズムパターンを鳴らせるのでキーボードの練習にも使い勝手が抜群。

 

49鍵でしたら、同じくローランドの「A-49」がコスパが良くてオススメです。

 

 

長めのUSBケーブルを準備しないとPCに繋げませんのでご注意を。

初心者必須DTM機材⑦ USBハブ

ANKER/USBハブ

ここまで紹介してきた機材のうち、「オーディオインターフェイス・キーボード」の2つがUSBポートへの接続が必要なもの。
ノートパソコンはUSBハブ2つのものも多いので、これだけで全て埋まってしまいます。
これではスマホの充電などできなくて困りますよね?

 

いちいちDTM使用の度にUSBを差し込むのも面倒なので、USBハブを買って常に指しっぱなしにしておくと便利ですよ。

 

どうやってDTMを学んでいけば良いか

必要機材を揃えたところで問題になってくるのが、どうやって学んでいくかです。

 

選択肢としては2つ。

 

①DTM教室で学ぶ(店舗・オンライン)
②独学で学ぶ

 

どのレベルを目指すかにもよりますが、回り道せず最短ルートで学ぶには「DTM教室」がオススメです。僕の経験則ですが、DTMに限らず勉強・楽器・スポーツなど、どんなことであっても、人に教わらないと遠回りをしがちです。

 

ということでそれぞれのメリット・デメリットを細かく見て行きましょう。

 DTM教室で学ぶ

メリット
・基本的なことを個別に丁寧に教えてくれるので、体系的に理解できる
・疑問に思ったことはすぐに質問して解決ができる

デメリット
・お金がかかる

 

レッスン料金ですが、会社によりけりですが1コマ5000円~といった感じです。
地方の方はDTM教室が無いので、「sleep freaks」というオンラインDTMレッスン大手を使うしかありませんね。

 

各社の比較などはまた別記事で書きますので、お待ちくださいね。

 独学で学ぶ

メリット
・お金がかからない

デメリット
・分からないことは全て自分で解決しなければならない
・挫折する可能性が高い

 

僕は独学で身に付けましたが、習った方が効率が良いと確実に思いますね。
また僕の場合は、「DTMが音楽の本業というわけではなく、最低限の機能を使いこなせるようになればいい」というのが目標でしたので、当然高度な技術は持ち合わせていませんし、身に付ける必要も無いと思っているので独学で学びました。

 

米津玄師みたいに絶対になってやるんだ、という熱い想いを持っている方は習うのをオススメします。

 

独学でやっていく場合には、とにかく実践あるのみだと思っています。
最初は低クオリティでいいので、「まずは一曲作ってみる」というのを目標にしましょう。

 

とにかく数を作っていかないことには上達はしません。先の米津玄師にしても、おそらく発表をしてない作品もかなり作っているはずです。
一夜にして天才的な能力は身に付きません。絶対的な努力が必要です。

 

具体的な学び方は「本」か「youtube」ですね。

 

僕は先に紹介したオンラインDTM教室「sleep freaks」がyoutubeで無料公開している動画で基本を会得しました。無料なのに親切丁寧に解説してるので、初心者の僕でも本当に分かりやすかったです。

 

書籍は藤本健さんの本が分かりやすくておすすめ。
自身もDTMerとして活動されている、DTMのプロフェッショナルです。

 

 

「【図解】『初心者でも分かる』DTM環境の作り方!必要機材・選び方・学び方を全て伝授。【独学】」まとめ

改めて冒頭の図をごらんください。ここまで読んでもらえた方は意味がよく分かるはずです。

DTMセッティング図

どうでしょうか?
さらに僕の実際の作業環境を見てもらえれば、完成図がイメージしやすいはずです。

実際のDTM作業環境

イメージが鮮明になりましたかね?
配置はあくまでも僕が作業しやすいように整えていますので、これからDTMを始めるみなさんは、各々作業しやすい配置を考えてもらえれば幸いです(^^)

 

最後に「どのくらい時間をかければ、どの程度までDTMで曲を作れるようになるの?」というところですが、参考程度に僕が作成した曲を載せときます。
先に言っておきますと、本当にクオリティは大したものではありません(>_<)

 

(歌も下手なのですが、そこも重々承知です)

 

〇DTM歴1か月


 

〇DTM歴3か月


ということで、皆さんのDTM生活の幕開けに、この記事が少しでも参考になれば幸いです!
どうも、ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です