今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

【音楽録音】おすすめのリニアPCMレコーダー(ICレコーダー)を紹介!

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

「自分のライブを綺麗に録音したい」
「スタジオ練習の際に録音できる、便利なレコーダーが欲しい」

 

そんな方がぜひ一台持っておきたいのが、『リニアPCMレコーダー』。

 

聞きなれない人も多いかと思いますが、高音質での録音専用に作られているレコーダーであり、いわゆるICレコーダーとは音質は雲泥の差があります。

 

大音量でも決して音割れせず、綺麗な音で録音できるため、一度使えばその性能に驚愕すること間違いありません。

 

現代においてはスマホ録音もある程度使えるものの、『リニアPCMレコーダー』ではステレオ録音・ライン録音などもでき、使用できる幅が非常に大きいです。

 

今回の記事では、長年同機器を使ってきた経験を元に、誰でも使いやすいおすすめのレコーダーを紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

音楽用のリニアPCMレコーダーを選ぶポイント

1.ICレコーダーと間違えない
2.利便性
3.価格

拘っていくといくらでもありますが、重要な選ぶポイントはこの3つ。

 

もう少し掘り下げて説明していきましょう。

①ICレコーダーと間違えない

選ぶポイントというよりも、注意点ですがとにかく間違えやすいので真っ先に取り上げました。

 

冒頭にも書いたように、『リニアPCMレコーダー』の特徴は、なんと言っても圧倒的な高音質。

 

万が一、間違えてICレコーダーなんて買ってしまったら大変です。

 

見た目もかなり似通っているため、くれぐれも商品名をよく見て注文しましょう。

 

もちろん記事後半で紹介するのは、間違いなくリニアPCMなのでご安心を。

②利便性

高性能な器機ゆえ、使い方がちょっとわかりにくい物も中には存在。

 

いざ録音する時に「設定を間違えて録音に失敗していた」なんてことにならないように、なるべく使いやすいのを選びたいところ。

 

基本的に説明書を読めば使えるでしょうけども、念頭においておきたいですね。

③価格

特殊な器機ゆえ、安い物でも1万円を切るくらい、高いと5万円程度という、かなりのピンキリ。

 

録音して練習用に確認したりするなど、とくに外部に録音物を作品として出したりするわけでなければ、最上位の物は正直オーバースペック。

 

ゆえにベストなところとしては、高くても2万円前後が妥当だと感じるところで、おすすめ商品もその基準で選んでいきたいと思います。

 

では早速おすすめを見て行きましょう。

おすすめのリニアPCMレコーダーランキング

TASCAM/DR-05VER2-JJ

もっとも安価な部類のリニアPCMレコーダー。

 

唯一、一万円を切る機種であり、価格で選ぶならばこちらで間違いありません。

 

しかし安さの代償ゆえか「作りの甘さ」を指摘するレビューも散見されるので、高音質録音の機能を果たすならば、他はさほど気にしない方であれば問題無いでしょう。

 

シンプルイズベストを体現するかのように、余計な機能も無く、初めて使う人でもすんなり使いこなせますね。

SONY/ PCM-A10 2018年モデル

老舗オーディオメーカーとして名高い、ソニーの最新リニアPCMレコーダー。

 

先の『TASCAM/DR-05VER2-JJ』と倍近くの価格ですが、相応の機能が備わっています。

 

ハイレゾ録音・再生&bluetoothという、最新鋭の技術が搭載されているうえ、ノイズカット・イコライザーまで付いている優れもの。

 

スマホでリモート操作もできますし、最新鋭のリニアPCMレコーダーと言っても過言では無いでしょう。

 

自分は2010年頃に買った古い機種を未だ現役で使ってますが、個人的に今買いなおすのであれば、こちらを選びますね。

ZOOM/H4nPro

音楽プレイヤーにとっては、エフェクターでお馴染みのZOOM製のレコーダー。

 

特筆すべきは、2in2outのオーディオインターフェースとして使用できること。

 

DTMも行う人にとっては、とにかく便利であり、レコーダーの枠を超えて様々な用途で使い道があり、まさに規格外と言えるでしょう。

 

単純なレコーダー用途のみならば、他にも高性能な物もありますが、音楽プレイヤーの利便性という点については群を抜いていると言えますね。

 

楽曲制作者ならば、手に取って後悔はしない一品。

OLYMPUS/LS-P4

価格と性能のバランス感という意味で、非常に手堅いと言える一品。

 

先のソニーと似たようなシンプルなデザインであり、機械が苦手な人でも使いやすいのが特徴です。

 

安価な部類ながら、bluetoothも搭載しており、かなりコンパクトで持ち運びが非常に便利なのもGOOD。

 

痒い所に手が届く機能性も魅力で、リピート機能の細分化、再生停止が別ボタンといったところも流石ですね。

microSDカード

リニアPCMレコーダーを買う際に、一緒に揃えておきたいのがmicroSDカード。

 

というのも内蔵HDDでは容量が十分ではなく、長時間の録音では、途中で容量オーバーになる危険性が。

 

容量を心配せず、どんどん録音出来た方が捗りますし、余計なストレスもかからないので併せて用意しておきましょう。

 

どうせなら大容量の32Gにしておくと安心ですよ。

「【音楽録音】おすすめのリニアPCMレコーダー(ICレコーダー)を紹介!」まとめ

以上、おすすめのリニアPCMレコーダーを紹介してきました。

 

今回は音楽の録音に使うという観点からレコーダーを選びましたが、電車の音や動物の声など、環境音の録音にも勿論使えます。

 

先にも書いてきたように、高音質な録音に重点を置いているのがリニアPCMレコーダーですから、音楽を含め、何を録音しても完璧。

 

今まで使ったことがなければ、音質の良さに驚愕すること間違いありませんので、ぜひこの機会に1台手にしてみて欲しいですね。

 

音楽鑑賞者はもとより、音楽制作者はメロディの録音、スタジオ練習を録音してメンバーと共有など、多様な用途で使えますので、恐るべき利便性を体感できるはず。

 

僕も数年前に使用して以来、スマホと同じレベルの必携アイテムになっています。

 

ぜひぜひ、リニアPCMレコーダーのある楽しい生活を堪能しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です