ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

おすすめのポップガード『金属製が〇』

ボーカル録音の際に必須となってくる機材の一つがポップガード。

 

単純に言うと、マイクに直接息が吹きかかるのを防ぐ機械でして、あるのと無いのとではクオリティに雲泥の差が出るほど。

 

実際僕も使うようになってから、撮り音の時点でかなり明瞭な声が録れるようになり、「早く買っておけばよかった」と、心底思ったグッズ。

 

ということで、この記事では過去の僕のような方に向けて、ポップガードって何?というところから、おすすめの商品まで詳しく解説していきたいと思います。

 

ぜひぜひ最後までご覧いただき、気に入ったポップガードを探してみてくださいね。

そもそもポップガードとは?

まずポップガードとは、先にも言ったように『マイクに直接息が吹きかからないようにする』ための機器です。

 

カラオケのマイクとかで考えてもらうと分かりやすいですが、息がマイクに直接入ると「ボフッ」という音が鳴りますよね?

 

レコーディングしたボーカルにこんな音が入っていれば台無しになるのは勿論ですし、後からノイズ除去ソフトで修正できなくも無いですが、音のクオリティを大きく落としてしまいます。

 

避けられるものは先に避けといた方が良いのは当然であり、ポップガード無くしては、ボーカル録音はできないと言っても過言ではありません。

 

さらにもう一つの役割としては、マイクは水分・湿気に弱いため、マイクを保護できて安全な状態で使えるという部分も。

 

まとめると、「ノイズを事前に防ぐ」「マイクの保護」という2のために必要になってくる、という事が言えます。

金属製と布製

そしてポップガードには「金属製」と「布製」の2種類があり、それぞれ特徴があります。

特徴 値段
金属製 音がクリアで伸びる 高め
布製 高音が柔らかくなり、かつ音量が落ちる 安め

金属製は値段が高めと言えど、せいぜい5000円程度なので、基本的には金属製が断然おすすめ。

 

表にもあるように、布製はどうしても音質の部分で劣る点があり、クオリティに拘るならば金属製一択でしょう。

 

歌は録音でキマる!』というボーカル録音の専門書内でも、「広域が失われるので、布製は避けよう」と明記されているほど。

 

さらに音質以外にも、金属製のメリットはありまして、それが洗いやすさ。

 

布なら汚れてもどうしようも無いですが、金属ならそのまま水洗いができます。

 

頑丈な素材ですし、普通に使っている限りは壊れないのが金属製のポップガードなので、洗いながら長期間使えると思うと、金額を考慮してもコスパは非常に高いですね。

おすすめのポップガード

STEDMAN/PROSCREEN101

created by Rinker
Stedman
¥7,250 (2020/07/03 07:46:06時点 Amazon調べ-詳細)
タイプ 金属
スクリーン径 11.7 cm
アームの長さ 33 cm

ダントツでおすすめなのが、僕も使用している業界標準の金属製ポップガード『STEDMAN/PROSCREEN101』。

 

絶対に失敗しない、きちんとしたポップガードを探しているならば、こちら一択であり、確実にボーカルクオリティを上げてくれると断言できるでしょう。

 

網目が特殊加工されており、息が下に流れてノイズが発生しないという優れもので、抜群にクリアな音が録音可能。

 

アームの部分が柔らかすぎて使いにくいものもあったりしますが、狙った位置にピタッと止めることができるのも◎。

 

レコーディングスタジオにも常備されているなど、その性能はお墨付きです。

Dicon Audio/DCP-2

created by Rinker
Dicon Audio
¥1,813 (2020/07/03 07:46:07時点 Amazon調べ-詳細)
タイプ 金属
スクリーン径 13.5cm
アームの長さ 34cm

Amazonで販売されているポップガードで、2,000円以下と金属製の中では群を抜いて安い商品。

 

とにかく安い金属製が良いのなら、こちらでも良いのではないでしょうか。

 

金額のわりにレビュー評価も高く、微細なクオリティに拘らない方や、予備として欲しい場合は、選択肢に入ってくるかもしれませんね。

キクタニ/PO-5S

created by Rinker
キクタニ
¥1,918 (2020/07/03 07:46:08時点 Amazon調べ-詳細)
タイプ 布製
スクリーン径 10cm
アームの長さ 31cm

何らかの事情で布製が良い、といった場合にはキクタニ製のポップガードが安くておすすめ。

 

2,000円を切る破格の値段ですし、評価も非常に高く、安心感はあります。

 

ボーカル録音となると、繰り返し言っているように金属製一択ですが、ゲーム実況や配信など、単に吹かれが防止できれば良い用途なら、布でも目的は果たせますね。

「おすすめのポップガード『金属製が〇』」まとめ

ということで、おすすめのポップガードを紹介してきました。

 

呪文のように繰り返してきましたが、レコーディング用途なら「金属製」しか選択肢はありません。

 

たった数千円をケチって布製にして、録音して後悔することにならぬよう、できれば確実に金属製を手にしておきたいところ。

 

今まで使って来なかった人ならなおさら、クオリティの向上をストレートに体感できるはずですので、ぜひ1台持っておき、あなたのボーカルを極上の仕上がりにしてみてはどうでしょうか。

 教則本・ギターマガジン読み放題!

 

『Kindle Unlimited』は大量の音楽本が読み放題で、誰が見てもお得ですよ。

 

関連記事 【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題

【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題【おすすめ本紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です