ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

DTM用おすすめモニタースピーカー【安いものから定番品まで紹介】

DTMにこなれてくる頃に気になってくるのがモニタースピーカー。

 

「ずっとヘッドホンで作業をして来たけど、モニター環境をしっかりと整えたい」と考えるようになるのは、自然な流れに思えます。

 

しかしながら、他のDTM機材の例に漏れず、きちんと特性や選び方を把握しないと、誤ったチョイスをし兼ねない代物。

 

ということでこの記事では、モニタースピーカーについての基本的なところから、選び方まで詳しく解説していきたいと思います。

 

価格帯別に分けて商品も紹介していきますので、安い入門品を探している人から、一歩上のグレードを探している人まで、ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいですね。

そもそもモニタースピーカーとは?

「まずそもそもモニタースピーカーは、普通のスピーカーと何が違うの?」というところですが、端的に言うと、『味付けの無い素の音が鳴るスピーカー』です。

 

よくアマゾンや量販店で見かける安価なスピーカー、いわゆる「リスニング用スピーカー」は、聴いた際に迫力が出るように、過度に低音が協調されているなど、実はものすごく手を加えられた音しか出ないという。

 

DTMでリスニング用を用いると、当然ながら加工された音が出てくるため、全くもって使い物になりません。

 

実際にDTMに触れられている方なら分かりますが、ミックスではより良い音を作るため、微細な周波数域の調整にまで作業は及びます。

 

そうして自身で手を加えた音が、聴こえ方としてどうなるか確認するためのスピーカーであり、それが勝手に加工されるのであれば、当然目的は果たせませんよね。

 

そのため、「原音を忠実に再生する」という点に重きが置かれた、モニター用スピーカーが必要となって来るのです。

DTM用モニタースピーカーを選ぶポイント

価格

モニタースピーカーを選ぶポイントは多々ありますが、一番気になるのは価格でしょう。

 

正直ピンキリの世界で、高価なものは10万円をゆうに超える物もありますが、自宅で使う分にはそこまでのものはいらないかなと。

 

そこでページ後半では、ざっくりと「3万円以下」「3万円以上」に二分して見ていきたいと思いますので。

 

『プロを目指す』といったように、志が高い方は、後々後悔しないように「3万円以上」から選んでおきたいところ。

サイズ

次に気を付けたいのがスピーカーのサイズ。

 

当然に作業環境である机のサイズ感を考慮する必要がありますし、部屋の大きさも非常に重要。

 

というのも、大きなスピーカーであればあるほど、大きな音を出す前提での設計がされているので、小さな部屋で小さい音で出すのであれば、本来の力を全くもって発揮できません。

 

仮に性能が劣っても、小さい部屋なら小さいスピーカーの方が、鳴りがよくなるというのも、おさえておきたい知識。

アンプの有無

モニタースピーカーに限らず、スピーカー全般に言える事ですが、いわゆるスピーカーには「アンプ内蔵」と「アンプ非内蔵」の2種類があります。

 

一応簡単にアンプについて説明すると、「音を大きく増幅する機械」です。

 

つまりアンプ内蔵じゃないと、別途アンプを買うことになり、予算がさらに必要になるので、くれぐれも気を付けましょう。

 

アンプ内蔵のスピーカーは『パワードタイプ(アクティブスピーカー)』と呼ばれるので、参考までに。

 

ちなみに本記事で紹介するのは、すべてアンプ内蔵型。

周波数レンジの広さ

最後に大事な点が、スピーカーの再生帯域の周波数の広さ。

 

単純に高価なものほど、「広い帯域をクリアに再生できる」と言えますが、中程度の似たような価格帯でも、個々のスピーカーによって再生帯域の性能が違うので、注視したいところ。

 

近年の音楽はとくに低域を重視する傾向にありますし、現在の音楽界の主流とも言えるダンスミュージックでは、50Hz以下の超低域がものすごく重要。

 

鳴り音についてもメーカーによって違う部分もありますので、しっかりと好みの音が鳴るものを選びたいですね。

DTM用おすすめモニタースピーカー

ようやく本題ということで、おすすめのDTM用モニタースピーカーを紹介していきたいと思います。

 

先にも述べたように、3万円以下と以上で区切って紹介していきますね。

3万円以下

YAMAHA / HS5

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥31,240 (2020/03/29 16:42:31時点 Amazon調べ-詳細)
タイプ アクティブスピーカー
サイズ 170x285x222mm
出力 LF45W/HF25W
周波数特性 54Hz-30kHz

ヤマハのド定番と言えるモニタースピーカー『HS5』。

 

3万円を切る低価格帯ながら、各種最新技術の搭載で、確かなクオリティを保っている一品です。

 

現にサウンドハウスのレビューでも、「この価格帯でここまでの性能はすごい」旨の意見が散見され、多くの人に受け入れられる代物であることが分かります。

 

細かい選び方もよく分からず、とりあえず安心して使えるものが欲しいという方であれば、とりあえずこれを選んでおくと間違いないのではないでしょうか。


JBL/ 305P MKII

タイプ アクティブスピーカー
サイズ 298 x 185 x 231mm
出力 HF 41W
Class-D
LF 41W
Class-D&quot
周波数特性 (-10dB) 43Hz – 24kHz

大人気の定番品の後継機として発売され、根強い人気を誇っているJBLの『305P MKII』。

 

広域のドライバー部の見た目が印象的で、光沢のあるスタイリッシュさに思わず目を奪われるほど。

 

もちろん性能の高さもお墨付きであり、繊細な音像のイメージングには定評があります。

 

レビューも多く信頼できる品ですし、安価なので手軽な一品として選択肢に入ってくるでしょう。


MACKIE / CR3

タイプ アクティブスピーカー
サイズ 208×140×158
出力 28W 50W
周波数特性 (-10dB) 70Hz – 20kHz

1万円ちょっとと、逆に安すぎて心配になるレベルのMACKIEのモニタースピーカー。

 

緑のラインが個性的で目に映えますが、キャラが強いので受け付けない人もいるかも。

 

というか僕はこの派手派手しい見た目がちょっと苦手・・・(笑)

 

肝心の性能ですが、くっきりとした音像が魅力的であり、コスパを考えると非常に抜きん出たものがあります。


TASCAM / VL-S3

タイプ アクティブスピーカー
サイズ 110 (W)×170(H)×138(D)
出力 14W+14W
周波数特性 80Hz~22kHz

こちらもぶっちぎりで安いタスカムのスピーカー。

 

低域が80Hzまでと非常に心もとないものの、使えればいいという感じであれば、気にしなくてもいいのかも。

 

必要十分な機能は揃えているので、ひとまず一台モニタースピーカーが欲しい場合は、チョイスしてもいいでしょう。

BEHRINGER/ MONITOR 1C

 

タイプ アクティブスピーカー
サイズ 15W×22.5H×14.2Dcm
出力 100 W / IEC268-5
周波数特性 60Hz~23kHz

なんでもいいからとにかく安いモノが良い、という人におすすめしたいモニタースピーカー。

 

尋常じゃないほどすべてが安いことで有名な『BEHRINGER』製ですが、あまり拘らず必要最低限の機能を求めるのならば、これほどうってつけのものはないでしょう。

 

僕も同社のダイナミックマイクをデモ録音用に使ってますが、耐久性も良く、質を求めない用途であれば、これほどコスパが良いものは無いなと、常々感じています。

3万円以上

IK MULTIMEDIA / iLoud Micro Monitor

 

タイプ アクティブスピーカー
サイズ 180mm×135mm×90mm(1個)
出力 70W(ピーク)/50W(RMS)
周波数特性 (-10dB)45Hz~22kHz

各種DTMソフト音源でお馴染み「IK MULTIMEDIA」ですが、実機にも非常に力を入れており、高クオリティの機器を扱っています。

 

『コンパクトながらプロ仕様のサウンドクオリティを実現』の売り文句は過言では無く、どんな状況でもフラットに鳴らしてくれる一品。

 

世界最小クラスの小ささでありながら、ここまでの音を実現する機種は他にはないでしょう。

 

小ぶりなサイズ感かつ手ごろで高位なスピーカーを探している場合は、これ一択ですね。

EVE AUDIO/ SC204

タイプ アクティブスピーカー
サイズ 145 x 230 x 195mm
出力 100W
周波数特性 64Hz – 21kHz(-3dB)

モニタースピーカー界の重鎮とも言える『EVE AUDIO』はドイツのメーカーで、プロ御用達と言える最高品質の機器を多く作り出しています。

 

本機は同社の中では低価格帯ながら、上位クラスと同等の系譜が感じられる、非常に高い性能を誇る一品。

 

プロでも「自宅用ならこれ一択」と太鼓判を押す人もいるほどであり、この価格帯では信じられないほどの音を鳴らしてくれます。

 

僕も今自宅用でスピーカーを買うならば、間違いなくこちらの商品を選ぶと断言できますね。

ADAM AUDIO / A3X

created by Rinker
ADAM AUDIO
¥36,300 (2020/03/29 16:42:36時点 Amazon調べ-詳細)
タイプ アクティブスピーカー
サイズ 252mm(高) x150mm(幅)x185mm
出力 ウーファー 25W/40W peakツイーター 25W/40W peak
周波数特性 60Hz ~ 50kHz

イブオーディオの源流であり、世界中のスタジオでプロ御用達の『ADAM AUDIO』。

 

小型のモニタースピーカーの中では、抜群の周波数レンジの広さを持ち、とくに広域の伸びは本機でしか味わえないと言えるほど。

 

ハイレゾにも対応できるほどの性能ですし、本機で音楽制作に取り組んでいる方ならば、今一歩深い境地に連れて行ってくれる、心強い相棒になるでしょう。

 

メカニカルな見た目も、音楽好きをくすぐるものがあるのでは。

GENELEC / 8010AP

created by Rinker
GENELEC
¥85,800 (2020/03/29 16:42:37時点 Amazon調べ-詳細)
タイプ アクティブスピーカー
サイズ 121W×181H×114D
出力 高域25W(8Ω)、低域25W(8Ω)
周波数特性 74Hz~20kHz(±2.5dB)

あの中田ヤスタカ氏も愛用していたことで知られる『GENELEC』のスピーカー。

 

プロが自宅用に導入することが多い機器であり、その音の良さは説明するまでもありません。

 

スイートスポットを狙える角度を付けられる台座、ふくよかで重厚な低音など、特徴を上げるとキリが無いほど。

 

丸みのある洗練されたデザインも個性的で、置いてあるだけで創作意欲が湧いてきそうですね。

ADAM AUDIO/ A5X

タイプ アクティブスピーカー
サイズ 280mm(高) x170mm(幅)x220mm(奥行)
出力 ウーファー 50W/75W peakツイーター 50W/75W peak
周波数特性 50Hz ~ 50kHz

最後は再びアダムオーディオで、先ほど紹介した「A3X」の上位種。

 

比較するとサイズ感が大きい分、より低域の再現性が広がり、重厚なモニター環境を整えたい場合にはうってつけ。

 

逆にその分大きな音を出さなければ、せっかくの特性を活かしきれないので、現状の環境にあわせて考えてみはどうでしょうか。

「DTM用おすすめモニタースピーカー【安いものから定番品まで紹介】」まとめ

以上、DTM用のおすすめモニタースピーカーを紹介してきました。

 

正直拘っていくと際限の無い世界ではありますが、少なくともスピーカーがあるのと無いのとでは、雲泥の差があるのは間違いありません。

 

とりあえずの1台であっても実際に買って使って貰えると、モニターの重要さが分かってくるはずですので、ぜひより良い音楽制作のために、財布の紐を緩めてみてはどうでしょうか。

 

投資となってダイレクトに、曲に深い輝きを与えてくれるはずですよ。

 教則本・ギターマガジン読み放題!

 

『Kindle Unlimited』は大量の音楽本が読み放題で、誰が見てもお得ですよ。

 

関連記事 【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題

【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題【おすすめ本紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です