ビートルズ・ストーンズなど聴き放題!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

ましまろのB面曲まとめ!

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

2015年に衝撃のデビューを果たしたましまろ。

 

ブルーハーツ時代の1994年以降、公式なソロ活動は一切して来なかったマーシーでしたので、ほぼソロ活動の続編とも言えるましまろは、マーシーファンにとっては待望の出来事でした。

 

今回はそんなましまろ曲の中から、アルバム未収録となっているシングルB面曲を紹介していきたいと思います。

 

マーシソロ時代もそうでしたが、シングルB面に留めるのが勿体ない名曲ばかり。

マーシーソロのB面曲まとめ!

これぞマーシーという美しい言葉が聴ける楽曲群に、ぜひ舌鼓を打ってもらえると嬉しいですね。

ましまろのB面曲

公園

作詞・作曲/真島昌利

 

1stシングル『ガランとしてる』に収録。

 

サビでマーシーが歌うという、ましまろ初のマーシーボーカルが入る曲であり、バンド活動も加味すると、ハイロウズ時代の『キャサディ・キャサディ』以来にマーシーの声が聴けるというもの。

 

ましまろの初ライブは2015年4月のアラバキロックフェスでしたが、その場で『公園』を聴いた際の感動を、今でもはっきり覚えています。

 

リアルタイム世代では無く、後追いでマーシーボーカルを生で聴いたことが無かった僕にとっては、天地がひっくり返るほどの出来事でした。

 

歌詞はいかにもマーシーらしいノスタルジックな内容で、住まいの近くにあった公園の思い出を歌い上げるものです。

 

マイナー調でマーシーには珍しい音使いに感じますが、それがまた雰囲気を増長させていて最高。

しおからおんぼ

作詞・作曲/真島昌利

 

アルバム『ましまろ』に収録されている『しおからとんぼ(シトロンソーダver)』とは、バージョン違い。

 

テンポやミックスなど、いくつか異なる点がありますね。
ボーカルも含めて別で撮ったものかどうかですが、聴き比べましたが判断が付きませんでした(^^;)

 

先ほどの『公園』とは逆で、サビだけ真城さんが歌い、後はマーシーというアレンジ。

 

出だしからもうマーシーソロ的な雰囲気が満載の一曲で、夏の情景がはっきり浮かぶ美しい内容です。

ハートビート

作詞・作曲/バディ・ホリー 日本語詞/真島昌利

 

ロックンロールの始祖の一人として知られる『バディ・ホリー』の楽曲に、マーシーが訳詩を付けたもの。

 

『うな重』『I FOUGHT THE LAW』などと同系統の、お馴染みの訳詞シリーズですね。

 

2014年10月号のギターマガジンで、マーシーが表紙を飾りインタビューが組まれた際、「洋楽に自分が作った訳詞で歌い、録音して遊んでいる」旨の発言をしていましたが、ましまろで陽の目を浴びていたく感動しました。

 

一部真城さんだけ歌う部分もありますが、基本的にツインボーカルで歌うので、マーシーの声が聴けて嬉しいところ。

 

原曲に忠実なアレンジで、強いリスペクトを抱いているのがよく分かります。
ぜひ原曲も聴いてみてください。

海と肉まん

作詞・作曲/真島昌利

 

典型的ゴリゴリのブルースな一曲。
12月の夕暮れに海へ向かった思い出を歌った内容ですが、実話かどうか定かではありません。

 

季節は違いますが、ブルーハーツ時代の『夜の盗賊団』も車に乗って海に行ったという点で、どこか通じるところがあって嬉しくなります。

 

ちなみに当初ライブで歌われていた際、後半の歌詞は「巨大な月と低気圧」と歌われていましたが、CD収録にあたり「巨大な月と空っ風」に改変されていました。

天国の扉

作詞・作曲/ボブ・ディラン 日本語詩/真島昌利

 

フォークの神様ボブ・ディランの超有名曲のカバーですが、そもそもソロ活動時代にアコースティック編制でライブをやっていた際によく歌っていた曲。

 

当時と歌詞は違うものの、まさか20数年越しで陽の目を浴びるとはと、発表当時はいたく感動しました。

 

とはいえ、同じ日本語訳だとしても、昔のバージョンの方がカッコ良かったと個人的には思うところですが、また歌ってくれたのですから贅沢は言えませんね。

 

原曲も素晴らしいのでぜひ聴いてみてください。


「ましまろのB面曲まとめ!」まとめ

ましまろのB面曲について紹介してきました。

 

人それぞれ好みがあるのは勿論ですが、個人的には『公園』が断トツで好きなので、聴いてもらえると嬉しいですね。

 

常人からすると多作であるヒロトが『マーシーは多作』と語るほど、圧倒的な数の曲を作っているマーシー。

 

クロマニヨンズで出してる曲の裏に、本来の持ち味である文学的な曲が山ほどあったことを、ましまろを通じて実感できます。

 

2016年以降、沈黙を保っているましまろですが、また気楽に次作を発表してくれるのを願うばかりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です