今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

【音楽狂が選ぶ】おすすめのブルース映画を紹介!

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

全ての音楽の起源は遡るとブルースにたどり着くと言われるほど、現代音楽の礎と言っても過言では無いブルース。

 

アメリカ南部の黒人奴隷の歴史が作り出したその音楽は、孤独や悲しみに溢れる哀愁の音楽は、今聞いても胸に突き刺さる心の叫びが詰まっています。

 

現代でも活躍するミュージシャンにおいてもブルースをルーツに持つ者は多く、『ローリング・ストーンズ』、『エリック・クラプトン』らがその典型。

 

彼らのフィルターを通しながらブルースに触れ、深い世界にハマっていく人が後を立ちません。現に僕もその一人。

 

しかしブルースは現代音楽とはあまりにかけ離れており、一度聞いてすぐに気に入る人はそこまで多くないのは事実。
そういった意味で入口としての映画というのは、非常にオススメの選択肢。

 

奥深いブルースの世界を、まずはストーリーとして好きになり、ブルース音楽自体を好きになっていただけると、この上ない喜びですね。

おすすめのブルース映画

キャデラックレコード

おすすめ度
(5.0)

ブルースの発展に多大な寄与をした、シカゴの「チェス・レコード」をモデルにした、実話を元にした伝記映画。

 

「マディ・ウォーターズ」「リトル・ウォルター」「ハウリン・ウルフ」など、伝説的ブルースマンが数多く登場し、当時の状況を追体験できる内容になっています。

 

数多くブルース関係の映画を見ましたが、群を抜いてオススメしたい作品。

Blues Odyssey(ブルース・オデッセイ)



おすすめ度
(4.0)

ローリング・ストーンズ元ベーシストのビル・ワイマンが、自身のルーツを探ることをテーマに作られたドキュメンタリー映画。

 

本人のインタビューを交えながら、ブルースの成り立ちについて詳しく紹介される内容。

 

たまにストーンズの映像が流れたりもしますが、物語の主軸はあくまでブルースを伝えること。

 

ブルースは掘っていくとメチャクチャ深いんですが、入口としては分かりやすくまとまってる印象ですね。

サイドマン:スターを輝かせた男たち


おすすめ度
(4.0)

ブルースの2大巨頭「ハウリン・ウルフ」と「マディ・ウォーターズ」を陰で支えた3人のバックミュージシャンを描いたドキュメンタリー。

 

キーボーディスト「パイントップ・パーキンス」、ドラマー「ウィリー“ビック・アイズ”スミス」、ギタリスト「ヒューバート・サムリン」が果たした重要な役割と、偉大さを理解できます。

 

2019年4月現在未DVD化ですが、発売されたらブルース好きは必見の名作。

視聴方法:未DVD化

レイ

おすすめ度
(4.5)

伝説的ソウルピアニスト、『レイ・チャールズ』の伝記映画。

 

2時間半というボリューミーな内容で、苦悩と成功という、彼の生涯について詳細に知ることができます。

 

薬物中毒や異様な女性遍歴など、包み隠さず全てがさらけ出されており、裏表なくすべてを描くことが、映画化に際し本人から希望されたとのこと。

おすすめの視聴方法

ブルースの女王

おすすめ度
(4.5)

いわゆる戦前ブルースの頃に活躍した、伝説的女性ボーカリスト『ベッシー・スミス』の伝記映画。

 

成功までの道のりが詳細に描かれており、背景描写が当時の時代性を理解する上でも役立ちます。

 

ブルースの歴史を語る上では、切っても切り離せない人物なので、ブルース好きは必聴の映画と言えるでしょう。

おすすめの視聴方法

ブルース・ブラザーズ


おすすめ度
(5.0)

ブルース好きは勿論のこと、全音楽好きに勧めたい名作。

 

僕もわりと最近見ましたが、音楽好きとしてはもっと早く見るべきであったと、心から思う作品でした。
たまたまamazonプライムで「ブルース」の文字に惹かれて見たのですが、本当にブルース要素がたんまり詰まった歴史に残る音楽映画。

 

しかもエンターテイメント性が強く、ブルースを知らずとも純粋に楽しめる作りになっているのが凄かったですね。

 

出演ミュージシャンがとにかく豪華なのも魅力で、ざっと挙げても「ジョン・リー・フッカー」、「レイ・チャールズ」、「ジェームス・ブラウン」、「アレサ・フランクリン」など名だたる面々が揃い踏み。

 

個人的にマディ・ウォーターズバックバンドの演奏で「ジョン・リー・フッカー」が路上で歌うシーンはゾクゾクしましたね。(本来はマディが歌うはずが、風邪をひいたため急きょ彼のバックバンドでフッカーが歌ったという経緯があります)

おすすめの視聴方法

ブルース・ブラザーズ2000

おすすめ度
(5.0)

先のブルース・ブラザーズの続編。
前作が1980年に公開され、今作が1998年に公開されています。

 

「BBキング」、「ボ・ディドリー」、「エリック・クラプトン」、「ビリー・プレストン」など新しい豪華な顔ぶれも登場。
これほどまでの音楽界の豪華な面々が揃う映画は、後にも先にもブルースブラザーズだけでしょう。

 

ぜひ2作続けて見て欲しい作品ですね。

おすすめの視聴方法

ブルーに生まれついて

おすすめ度
(3.5)

ジャズ・トランペット奏者『チェット・ベイカー』の伝記映画。

 

『レイ』や『ブルースの女王』同様のミュージシャン伝記ものですが、少しインパクトが薄かった印象が。

 

とりあえずチェットベイカーという人物を知るには、よくまとまってて見やすいでしょう。

おすすめの視聴方法

クロスロード


おすすめ度
(4.0)

伝説的ブルースマン「ロバート・ジョンソン」の逸話をモチーフに、独自のストーリーが展開される、友情と青春溢れる音楽映画。

 

音楽学校でクラシックギターを学んでいる主人公は、本当はブルースが大好きであり、近所の病院に入院していた伝説のブルースマンに会いに行ったところ、思わぬ展開で話が進んで行くといった内容です。

 

ブルースを絡めた想像溢れるストーリーに、冒頭から一気に意識を持って行かれ、食い入るように見入るほどでした。

 

完全に★5の映画だなと考えていたのですが、最後の最後のオチで正直落胆してしまったという。

 

むしろそのオチが良かったと語る人も多く、そこをどう捉えるかで評価が変わってくると言っても過言ではないですね。

 

ブルース映画としてはまっさきに挙げられる有名作品なので、ぜひ自分で見てから考えてみてください。

おすすめの視聴方法

「【音楽狂が選ぶ】おすすめのブルース映画を紹介!」まとめ

色々と紹介して来ましたが、「ブルースの歴史を知れる&映画として抜群に面白い」という意味で、『キャデラック・レコード』が断トツでおすすめ。
迷ったらこれを選べば間違いはありません。

 

また冒頭でも少し書きましたが、ブルースの誕生と黒人奴隷の歴史は切っても切り離せない関係であり、アメリカ南部の黒人の歴史を知ることが、ひいてはブルースの歴史を知ることに繋がります。

 

逆に言うと、黒人の歴史を知らなければブルースを理解できないとも言えますので、ブルース好きな方は、ぜひ黒人関係の映画も見ていただきたいですね。

黒人差別・奴隷制を扱ったおすすめ映画を紹介【覚えておきたい歴史】

映画の情報は随時更新していきますので、こまめにチェックしてもらえると嬉しいです。

 

また、これらの作品は『amazonプライムビデオ』・『DMM月額レンタル』のいずれかで見れます。
それぞれどっちで見れるかは、作品ごとの「おすすめの視聴方法」を参考にどうぞ。

 

amazonプライムビデオ』は、月額325円で映画・ドラマ・アニメ見放題に加えて様々な特典も付く、破格のシステム。

amazonプライム会員がお得すぎる!圧倒的メリットを紹介

DMM月額レンタル』は、宅配レンタル随一の作品数で、他には無いマニアックなDVDまで取り揃えているのが最高。

DMM月額DVDレンタルが便利でおすすめ!圧倒的なメリットを紹介

自分の見たい作品を確認したうえで、それぞれの記事を参考にしてみてくださいね。
僕は両方使ってますが、あまりの快適さに手放せない状態になっています(笑)

 

最後に、ブルースは戦前ものから近代まで幅広くアマゾンの音楽アプリで聴けるので、手軽に楽しみたい時はものすごく便利。

 

僕は使い始めて、今まで入ってなかったことを後悔するほど、格段に音楽を聴く時間が増えました。

 

一か月無料で試せるので、気になる方はこちらの記事をぜひ参考にどうぞ。

【アプリで音楽を満喫】Amazon Music Unlimitedでロックンロール三昧になろう!【ダウンロード可能】

ロック好き必見のオススメ音楽映画を一挙紹介!』に戻る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です