今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

【アルバムレビュー】HAPPY SONGS/真島昌利

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

ソロデビュー作にして屈指の名作『夏のぬけがら』発売から約1年半、満を持して発売されたのが2nd『HAPPY SONGS』です。

 

1stの雰囲気を継承しつつも、ボサノヴァなど多種多様な音楽要素を混ぜて来た本作。
純粋に人気が高いのは前作の方ですが、本作も楽曲のクオリティは非常にハイレベル。
詩人マーシーを体現する、美しい言葉を聴くことができます。

 

レコーディングには前作同様、元ブレイカーズの篠原太郎氏に加え、同バンドドラマーの大槻敏彦氏も参戦。
他にも白井さんやディープ&バイツと言ったお馴染みの面々が揃います。

 

特筆すべきは同アルバムの発売後、「僕らの夏休み」と題して、初のソロライブを慣行したこと。
メンバーは「マーシー+ブリックストーン+山川のりお+白井幹夫」といった具合。

 

同ライブの模様は映像化されていますが、なぜか名曲『ルーレット』が収録されておらず、選曲に疑問符が付くのが残念。

以降、マーシーは色々とソロでライブをやるようになりますが、ブルーハーツほど需要が無いのもあって、残念ながらきちんと映像・音源化されていないんですよね。
まあ嘆いてもしょうがないので、数少ない世に残してくれたマーシー作品を、思う存分堪能しましょう。

HAPPY SONGS 楽曲解説

オーロラの夜

作詞・作曲/真島昌利

 

同アルバムの始まりにして、一番好きな一曲。
シングルカットもされましたね。

 

PVもありますが、公式には残っておらず。
Youtubeで「オーロラの夜」と調べるとすぐ出てきますので、ぜひ見てくださいね。(2019年3月現在)

 

白井さんのキーボードリフが象徴的で、シンプルながら超絶に心地よいのが魅力的。

 

歌詞の内容的にはいかにも夏大好きなマーシーといったところ。
「夏がオーロラのように消えてしまう前に」という主張が読み取れますね。

 

全体的に抽象的ではありますが、キャッチーなメロディーといい、マーシーらしい珠玉の名曲です。

砂丘

作詞・作曲/真島昌利

 

モータウンビートが映える名曲。
ブレイカーズ時代の「屋上の落後者」を、歌詞を載せ替えたもの。

 

この曲も神秘的な感じで好きですが、やっぱり元々のバージョンの方がカッコイイと思うところ。
ヒロトと違いマーシーは、昔の曲を持ってきて歌詞を載せ替えるのをよくやりますが、個人的にはどれも旧バージョンの方が断然良いんですよね。

 

「君と砂丘に行きたい」という内容ですが、妙に韻を踏んだ歌詞が印象的。

休日の夢

作詞・作曲/真島昌利

 

前2曲とは毛色が違う、ボサノヴァ風な一曲。
アコギのソロが雰囲気に完璧にマッチした弾き方で、感動するほど。

 

誰が弾いてるか分かりませんが、篠原太郎さんなのかなと推測。

 

ソロでサックスも入ってくるなど、アレンジも非常に凝ってますね。
ちなみに歌詞中に出てくる「ビリー・ホリデイ」とは、伝説的女性ジャズシンガー。

作詞・作曲/真島昌利

 

後にましまろで同名曲が発表されてますが、全く違う曲。
自分でも過去に朝という曲を発表していたことを、忘れていたんじゃないかと思ったり(^_^;)

 

ものすごくシンプルなアコースティックアレンジで、歌を聴かせる内容。

 

短い歌詞ではありますが、マーシーにしかできないような朝の切り取り方をしており、美しい言葉に酔いしれます。

ホープ

作詞・作曲/真島昌利

 

「希望」をテーマにした一曲。
前曲に引き続きアコースティック感が強いですが、スライドギターのリフが象徴的です。

 

時間は戻ってこないけど 時間は優しくもなるんだ

 

という表現が、まさにマーシーの優しさを現わしていると感じますね。

夜空の星くず

作詞・作曲/真島昌利

 

こちらもシングルカットされた一曲。
アコースティックながらも、『オーロラの夜』同様のバンドアレンジ調です。

 

オーケストラを織り交ぜており、かなり凝っているのが伺えますね。

 

夜空の星くずをテーマにしており、恋愛色が出た内容が、色々と感じさせてくれるところ。

ダイナマイトが150屯

作詞:関沢新一・作曲:船村徹

 

アルバムに2曲だけ収録されているカバーの一つ。
元々は1958年に映画俳優「小林旭」が歌いヒットした曲です。
同氏が歌ったものはマーシーバージョンとは違い、演歌調を感じるところ。

 

1958年と言えば、リトルリチャード引退、エルヴィス徴兵と、いわゆるロックンロール最初の暗黒期の最中。
そんな中、日本では演歌っぽい曲がヒットしていることを考えると、まだまだイギリス・アメリカと比較してウケる音楽が、全然違う印象を受けます。

 

同曲は「甲斐バンド」もカバーしてますが、バンド調なものの、アレンジは違います。
マーシー版のアレンジはマーシー自身で考えたのか、謎が残りますね。

サンフランシスコの夜はふけて

作詞・作曲/真島昌利

 

前曲に引き続き、ベースラインが映えわたる一曲。
サンフランシスコで暮らす日々を描いたような内容ですが、創作なのか、何か元ネタがあるのか不明。

 

マーシーの趣味である、読書や絵画などのワードが登場します。
「ライ麦畑」はサリンジャーの小説『ライ麦畑でつかまえて』、「エルグレコ」とは、ギリシャ出身の有名な画家のこと。

参考 エル・グレコwiki

とても寒い日

作詞・作曲/真島昌利

 

いかにも冬に作ったような内容。
ほんわかした雰囲気ながら、マーシーらしい認識の仕方が良いですね。

 

スライドギターが良い味を出しており、安らぎを与えてくれるサウンドに仕上がってます。

2人でいれば

作詞・作曲/真島昌利

 

有名な曲では無いですが、アルバム屈指の名曲だと思います。
シングルカットされた『夜の星くず』よりも、断然良い曲だと思うんですがねえ。

 

「君さえいればいい」という熱いメッセージがこもっており、マーシー珠玉のラブソングだと感じます。

ガソリンアレイ

作詞:ロッド・スチュワート・作曲:WOOD RONALD DAVID

 

オリジナルはロッド・スチュワートの楽曲で、それを浅川マキさんがカバーしたものを、さらにマーシーがカバーしたという恰好。
キーボードの白井さんが、過去に浅川マキさんのバックで弾いてたので、その絡みでの選曲でしょうか。

 

マーシーバージョンも至高ですが、本家ロッドverもリアル感に溢れ必聴です。

HAPPY SONG

作詞・作曲/真島昌利

 

同アルバムのタイトルにもなっている、締めくくりの一曲。
直訳すると「楽しい歌」といったところですが、まさに楽し気な雰囲気があふれ出ている曲と言えます。

 

はるか昔アメリカ西部の酒場で演奏されていたような、カントリー調のアレンジが特徴で、あっという間に楽曲の世界観に引き込まれてしまいますね。

 

冒頭にある「昼間っから酔っぱらって~」のくだりが、ヒロトのことではないかという説もありますが、真意は不明。

 

マーシー自身気に入っている曲で、後年のソロツアーでも取り上げてます。
そしてヒロトマーシーで立ち上げた合同会社の社名を、「ハッピーソング」としてるのは有名な話。

「【アルバムレビュー】HAPPY SONGS/真島昌利」まとめ

 

2nd『HAPPY SONGS』の紹介でした。
前作と比べると、個性豊かなアルバムになっている印象を受けますね。

 

マーシーの一番の特徴はやはり並外れた文学性と感じるところであり、ソロ作品になるとその嗜好性が顕著に出ると思うところ。

 

夏が好きなマーシーですが、同作では冬を感じる曲が多いのが印象的。
それ故に四季に例えるならば、1stは夏、2ndは冬とも言われたり。
いずれにしても楽曲を通して四季をリアルに伝えられる、マーシーの素晴らしい曲があってこその話ですよね。

 

残念ながら2枚目にしてソロアルバムは折り返しで、続く2枚を最後にマーシーのソロアルバムは出ていません。
どのアルバムも良いのですが、後の2枚もとんでもない名作なので、必ず聴いてもらいたい作品ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です