ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

コンデンサーマイクにおすすめのマイクスタンド

初心者DTMerが安易に妥協しがちなもののひとつがマイクスタンド。

 

かく言う僕も、一番最初に買ったショートブームの某爆安メーカー製のものを長らく使っており、これで十分じゃないかと思っていました。

 

しかしコンデンサーマイクを使用するようになってからというもの、重さに耐えきれずにお辞儀をするようになってしまい、録音の際に頻繁に困るような状態に。

 

幸い壊れなかったものの、傾いてマイクが床に激突したこともあり、そこで初めてスタンドの重要性を感じました。

 

そしてTAMAのスタンドに買い換えたところ、抜群の安定感で傾くなんてことが一切無くなり、もっと早く買っておけば、と後悔したところ。

 

ということでこの記事では、僕の実体験を踏まえ、高位なコンデンサーマイクだからこそ用意したいマイクスタンドを紹介していきます。

 

スタンドをケチった挙句、マイクを壊したら元も子も無いので、ぜひ慎重に選んで貰えますと幸いです。

マイクスタンドの種類と選び方

マイクスタンドと一口に言っても実に多様な種類がありますが、ガッツリなボーカル録音用途となると、選択肢はブームタイプorストレートタイプの2択となるでしょう。

 

それぞれについて、特徴を見て行きます。

ブームタイプ

メリット
  • スタジオでも定番の万能タイプ
  • ブームで高さ・角度が微調整できるので、様々な楽器の録音に使える
デメリット
  • 粗悪品だとマイクの重さに耐えきれず傾いてくる
  • 粗悪品だと傾くだけでなく倒れる
  • サイズ感が大きい

一番基本的なのがこのブームタイプ。

 

どこのスタジオにも置いてあるほどですし、とりあえずブームタイプを用意しておけば、万能的に使えて、楽器の録音までできます。

 

路上ライブをする弾き語りアーティストだったら、これで外で歌うこともできるので、一石二鳥。

ストレートタイプ

メリット
  • ブームが無い分省スペース
  • 安い商品でも倒れにくい
デメリット
  • 角度が変えられないので、基本的にボーカル用途しか使えない
  • サイズごとに用途が限定される

完全自宅用で、ボーカル用途でしか使わないという方でしたら、ストレートタイプでも全然OK。

 

僕も購入の際迷いましたが、自分は楽器の収録もするので、ブームを選んだ次第です。

 

何気にブームの部分ってかなりスペースを取るので、自宅のスペースと相談したいところですね。

三脚と卓上型

最後にスタンド選びの際に注意したいのが足の部分。

  • 三脚型:足が三脚になっている。
  • 卓上型:足が円形状の重りになっている。

 

画像を見てもらうと感じるように、安定感でいったら三脚型に軍配が上がります。

 

コンデンサーマイクの使用だと、結構な重量になりますし、基本的には三脚を選びましょう。

 

因みに大概のメーカーで同じスタンドで足だけ違うものが売られているので、くれくれも注意してくださいね。(僕も間違えそうになりました・・・)

コンデンサーマイクにおすすめのマイクスタンド

TAMA ( タマ ) / MS205BK ブームマイクスタンド

TAMAのド定番のブームマイクスタンドで、僕も愛用しているもの。

 

一応知らない方のために説明しますと、TAMAは日本のドラムメーカーであり、ドラムの世界でも標準と言えるメーカーのひとつ。

 

ドラムセットにはシンバル類を固定するためにスタンドが使われており、そのノウハウをつぎ込んでいるマイクスタンドなので、安定感は頭一つ抜けていると言っても過言ではないでしょう。

 

実際にドラムを叩くのを見たことがあるならば分かりますが、あれだけクラッシュシンバルをバシャバシャ叩いてもビクともしないんですから、その堅牢さは想像に容易いはず。

 

価格は6,000円程度とそれなりの値段がしていますが、僕自身冒頭でも言ったように安物買いして後悔したので、多少無理をしてでも、これを買っておけば安心して使えることは保証します。

TAMA ( タマ ) / MS200BK マイクスタンド ストレート

楽器の録音はせず、ボーカル専用で使うならばストレートタイプが良いでしょう。

 

同じくTAMA製ですが、実はブームが無い分値段もすこし安くなるのです。

 

直線状にしかスペースを取らないので、狭い部屋に設置する場合などは、こちらの方が柔軟に置き場所を変えることもできますね。

 

さらなる利点としては、持ち運びがしやすいのも◎。

 

外で使用するために使いたいという人も、ぜひ検討してみてみるのも良いですね。

K&M ( ケーアンドエム ) / 21020B(ST210/2B) ブームマイクスタンド

世界中で音響機器のド定番と言われるK&M製のマイクスタンド。

 

個人的にはTAMAの方がおすすめですが、こちらも安価な製品に比べれば、抜群の安定感を誇ります。

 

先の「TAMA/ MS205BK」と比べれば、同じような仕様でちょっとこっちの方が安い感じですが、あとは個々人の判断次第というところでしょうか。

 

自分も購入の際に迷いましたが、ドラムメーカーという安心感でTAMAを選んだところなので、参考にどうぞ。

 

もちろんK&Mでも後悔はしないかなと。

「コンデンサーマイクにおすすめのマイクスタンド」まとめ

ということで、コンデンサーマイクにおすすめのマイクスタンドを紹介して来ました。

 

僕も昔はスタンドは「立てるだけの道具」という認識でしか無く、高いものの必要性が分からなかったんですが、安定感が本当に桁違いなんですよね。

 

実際にたくさん録音してきた分かりましたが、不安定なスタンドだと振動を拾ってノイズになったりしますし、いくら良いマイクを使っても、そもそもスタンドがしっかりしてないと意味を成さないという・・・。

 

個人的な反省も踏まえて書いた記事ですので、「スタンドだから適当で良いだろう」では無く、「スタンドだからこそしっかりしたものを選ぶ」のが大事ですので、ぜひ参考にして貰えると嬉しいです。

 DTM参考書読み放題!

 

『Kindle Unlimited』は大量の音楽本が読み放題で、誰が見てもお得ですよ。

 

関連記事 【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題

【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題【おすすめ本紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です