今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

マーシー(真島昌利)風なTシャツの切り方を伝授!5分で完成する作り方とアレンジ

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

「マーシーみたいなTシャツの切り方はどうやればいいの?」
「Tシャツをマーシー風にする簡単なアレンジ方法が知りたい」

 

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

 

この記事では10年以上ヒロトマーシーファンの僕が、実際にTシャツを切ってみた写真を混じえながら、切り方を分かりやすく解説していきたいと思います。

 

自分も作ってみたいという方は、3分程度で読めますのでぜひどうぞ!

マーシー風のTシャツの作り方~その1 Tシャツにペンで切る目安を書く~

線を引いたTシャツ

いきなりハサミで切ってしまうと形がいびつになったり、切りすぎたりする原因になるので、目安として線を引きましょう。

 

※写真では既に切ってしまってます。撮り忘れましたゴメンナサイ。

 

線を引く際は、通常のペンではなく「水で消えるチャコペン」が便利です。

 

襟ぐりからどの程度の距離の部分にペンを入れればいいかについてですが、マーシーどの程度で切っているか正確なところは分かりません。

 

僕は襟から2.5cmのところで入れましたが、マーシーの画像などを見ているともう少し広くてもいいのかな、と思います。
しかし切りすぎると直しようがないので、最初は2.5cmくらいがいいのかなと考えています。

 

マーシー風のTシャツの作り方~その2 線に合わせてハサミを入れて切る~

切ったTシャツ

線に合わせてスパッと切り落とします。

 

普通の紙用ハサミでも良いのですが、綺麗に切りたいならば裁縫専用のハサミがオススメ。
切れ味が圧倒的に違いますし、切った後も紙用ハサミと比べると見るからに違います。

 

 

僕は急ぎでTシャツを準備せねばならず、紙用ハサミで切ったのでよく見ると分かるように切れ目が粗いです(T_T)

マーシー風のTシャツの作り方~その3 タグを取る~

タグを切ったTシャツ

肩の高さに合わせて余分な部分を切り取るには、タグが邪魔なので取ります。

 

針などを使えば綺麗に取れるのですが、手先が不器用で僕には難しかったのでハサミでザクッと切りました。

 

もちろんハイロウズタグは勿体ないので捨てません(笑)

マーシー風のTシャツの作り方~その4 肩の高さに合わせて切る~

襟を全て切ったTシャツ

水平でも丸く切ってもどちらでもOK。
僕は丸く切りました。

 

ここまでやれば既にほぼマーシー風になってますね!

マーシー風のTシャツの作り方~その5 袖に線を入れてカットする~

袖に線を入れる

袖を切ったTシャツ

Tシャツを内に2つ折りにして袖をカットするので、袖に線を入れます。

 

これも首回り同様、長さが決まってるわけでないのでお好みで。

 

僕は2cmくらいの長さで線を入れてカットしました。

マーシー風Tシャツ完成

完成したマーシー風Tシャツ

完成したのがこちら!
完成品を見て恍惚の笑みに浸ったのは言うまでもありません(笑)

 

勢いづいたのでこの調子で、他のTシャツでもマーシー風アレンジをしていく予定です。

 

次は裁縫用ハサミも準備して万全の態勢で作ります!

「マーシー(真島昌利)風なTシャツの切り方を伝授!5分で完成する作り方とアレンジ」まとめ

 

1.首回り2.5cmに線を書く
2.線に合わせてカットする
3.タグを取る
4.肩の高さに合わせて切る
5.袖を2.0cmに線を書き、カットする

 

手順をまとめますとこんな感じ。

 

簡単に作れちゃいますので、ぜひ皆さんも作ってみてくださいね!

 

ライブを見に行く時に着るとバッチリです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です