ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

【二郎系探訪その1】ちばから 渋谷道玄坂店【レビュー】

ギタリストのスズキサトシ(@sasa_blues)です!

これまで通算100杯は食べて来た、
自称日本一の二郎系好きギタリストの僕。

今回、千葉県市原市の人気二郎インスパイア「ちばから」の渋谷支店ができたということで、
スタジオ帰りに早速行ってきました。

結論としては、

「本家二郎を感じさせる本格さと、
平打ちドロドロスープが融合したここでしか食べれれない満足度の高い1杯でした。」

外観・メニュー


訪れたのは16時半ころ。
夜の部は17時開店でしたので、問題なく先頭を確保しました。

「豚」「脂」「筋」という3つのワードが食欲をそそります。

写真では見えにくいですが、主なメニューは以下の通り。

らーめん 豚一切れ ¥890
らーめん 豚なし ¥750
油そば 醤油   ¥900
油そば ごまだれ   ¥900
つけ麺 醤油   ¥900

僕は初めて行く二郎系では必ずノーマルなものと決めているので、
選んだのはもちろん「らーめん 豚一切れ」。

システム

先のお好み、後のお好みと分かりやすく掲示されており、初心者にも非常に優しいシステム。

食券を渡す際に先のお好みを聞かれ、提供直前に後のお好みを聞かれます。

「ニンニク抜き」が「ニンニクネギ」に聞こえるそうです、くれぐれも気を付けましょう(笑)

着丼

いざ着丼。
先のお好みはなし、後のお好みは「カラメ」「ニンニクアブラマシマシ」をコール。

大きめの豚が一つ。
十分なボリュームです。

ニンニクの刻み具合も絶妙。

もっとも大きな特徴である麺がこちら。
これまで数多くの二郎系を食しましたが、このような平打ち麺を見るのは初めて。

もう一つの特徴であるスープは非常に濃く濁っています。

肝心の味の方ですが、有無を言わさぬ最高さでした。

平打ち麺に絡み合う濃いスープ、肉厚の豚、全てが完璧。

二郎インスパイアには、正直二郎系とはとても言えないものも数多くありますが、
人気店だけあって「本物の二郎系」と言える満足の一杯。

評価 ★4.0

第1回の二郎系レビューなので、
基準があいまいですが★4つの評価。

個人的には二郎インスパイアではかなり好きな部類なので、
必ず再訪したいと思います。

ちばから 渋谷道玄坂店
住所: 東京都渋谷区道玄坂2-22-2 SHIBUYA道玄坂ビル1956
時間: 11:30-15:00,17:00-22:00 (21:30L.O.)
休日: なし
公式twitter