ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

ドラムの打ち込みにおすすめなMIDIパッド『圧倒的効率化』

打ち込みでドラムを作る人が一度は突き当たる壁である、ベロシティの問題。

 

生っぽいドラムを作るとなるとベロシティ如何で人間味が全く違って来ると言っても過言では無く、きちんとした音源を作るならばマウスでのベタ打ちは避けたいところ。

 

自分自身MIDIキーボードでドラムを打ち込んでますが、慣れや好みの問題もあるとは思いますが、正直ドラムの打ち込みは非常にやりにくいんですよね・・・。

 

鍵盤は押し込むという動作が入るので、それが余計で上手くニュアンスを出して叩けなかったりで、最近は常々パッドの必要性を感じています。

 

ということでこの記事では、自分のパッド選びも兼ねておすすめのMIDIパッドを紹介していきます。

 

実際に店頭で試奏してみたりなんかもしましたので、ぜひ参考にどうぞ。

ドラムの打ち込みにおすすめなMIDIパッド

KORG nanoPAD2

コンパクトでなるべく安いパッドを探している場合は、コスパの良いコルグ製がおすすめ。

 

横長のシャープなスタイルで、持ち運びもしやすいですし、機能面でも16のトリガーパッドやXYパッドなど非常に充実しています。

 

加えて専用のエディターである「KORG KONTROL Editor」を使用することで、パッドの割り当ての変更やスケールの指定もできる優れもの。

 

しかし実際のレビューを見ると「感度が悪い」という声もあり、正直一番大事なポイントなので手放しでおすすめできるものではないかと。

 

「値段相応感」はありますので、微細な強弱も忠実に反映させて打ち込みたい場合は、次移行に紹介するものを選んだ方が良いように思えます。


PRESONUS ( プレソナス ) / ATOM

created by Rinker
AIUEO
¥31,424 (2020/07/03 13:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

純正のpresonus製なので、サポートも良くstudio oneユーザーだったらこれがベストと言えるでしょう。

 

実際試奏もしたのですが、非常に感度も良く、パッドの叩き心地も良かったので、財布に余裕ができたら僕はこれを買う予定です。

 

4×4パッドの標準的な大きさで、持ち運びにも非常に便利。

 

色合いやシンプルなデザインも好みだったりします。

 

唯一難点としては、パッド側でマッピングを変更できないので、音源の方でMIDI変更ができなければ使うのが難しいという点。

 

EZ Drummer等のドラム音源を使っている場合は、くれぐれもご注意を。


IK Multimedia iRig Pads

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥17,222 (2020/07/03 13:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

ソフト音源でもお馴染みのIK Multimedia製のドラムパッド。

 

PCだけでなく、iPhoneやiPadにも接続できるというのがウリであり、様々なデバイスで使えるパッドを探してる場合はピッタリです。

 

縦横20cmとipadよりも小さく、持ち運びには非常に優れており、サイズ感的には先の『ATOM』と同等ですね。

 

Studio one 以外のユーザーだったり、iPhone・iPadでも使用する場合は、こちらを選ぶのも良いでしょう。


AKAI / MPD218 MIDIパッドコントローラー

created by Rinker
Akai Professional(アカイプロ)
¥12,000 (2020/07/03 13:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

ドラムパッドのド定番中の定番と言える、AKAIのMIDIパッドコントローラー。

 

16のパッドと6つのノブという非常にシンプルな作りで、標準的に使いやすいものと言えるでしょう。

 

ただパッド上級者の方の手厳しいレビューも見受けられるなど、値段的にも入門機的に考えたほうが良いかもしれません。

 

勿論のこと製品としては定評のあるものなので、極端に使い物にならないということは無いかとは思うのですが・・・。


Native Instruments / MASCHINE MIKRO MK3

こちらも定番中の定番である、ソフト音源コンプリートでもお馴染みのNIのパッド。

 

3万越えと正直手軽に買える値段では無いですが、『パッドならMK3』と太鼓判を押す人も多いほど、定番の製品です。

 

付属プラグインとしてMASSIVEなどの定番シンセサイザー音源も付いてくるので、お持ちでない方は非常にコスパが良いでしょう。

 

僕も含めてソフト音源のコンプリートを所有している人は既に持っているのでは、その場合はお得感は無いのですが・・・。

 

非常に評価の高い機種だけあり、安定感や感度も抜群なので、多少値は張っても良いパッドが欲しいという方は、ぜひどうでしょうか。


NOVATION / Launchpad X MIDIパッド

Ableton Live用のMIDIコントローラーであり、同DAWを使っている方に非常におすすめ。

 

「Liveユーザーならこれ一択」という声も多く、専用に作られているだけあって、圧倒的な利便性を実現してくれます。

 

シームレスな連携は流石純正品と言って良く、一度使えば手放せない人も多いとのこと。


「ドラムの打ち込みにおすすめなMIDIパッド」まとめ

ということでおすすめのMIDIパッドを紹介して来ました。

 

使用しているDAWや、どのような環境で使うかといった部分で、人それぞれベストなものが変わって来るので、ぜひご自分の状況を考慮して選んでみると良いでしょう。

 

実際パッドがあると、圧倒的に制作効率が上がるので、ぜひこの機会に1台導入してみてはどうでしょうか。

 

皆さんのDTM環境がさらに楽しくなれば幸いです。

 DTM参考書読み放題!

 

『Kindle Unlimited』は大量の音楽本が読み放題で、誰が見てもお得ですよ。

 

関連記事 【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題

【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題【おすすめ本紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です