ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

おすすめのモニタースピーカースタンド『リスニング環境最適化』

モニタースピーカーとあわせて準備しておきたいものの一つがスピーカースタンド。

 

とはいえ僕もそうでしたが、初心者の頃はわざわざスタンドを用意する必要性が中々分かりません。

 

ということでこの記事では、スピーカースタンドがなぜ必要かと言うところから、おすすめの商品まで紹介していきます。

 

ぜひ最適なDTM環境を整えるために、参考にして頂けますと幸いです。

モニタースピーカースタンドのメリット

適切なリスニングポイントでモニターできる

まずモニターをする為に適切なスピーカーの高さというのは、出音の中高音部を担う「ツィーター」の高さと、耳の高さが一緒な位置と言われます。

 

通常、机の高さと言うのは書き物などをする際に使いやすいようになっているため、当然ながら机にスピーカーベタ置きでは、高さが足りるはずがありません。

 

そのため高さを合わせるためにスタンドが必要になるのです。

 

仮に良いスピーカーを使っていたとしても、そもそも設置が悪ければスピーカーの性能は全く持って引き出せてません。

 

リスニングポイント如何で如実に音が変わりますので、ぜひご自分で試して見ると重要さが実感できるでしょう。

振動を軽減できる

高さを調整と聴いて、「それなら適当な箱とかレンガとかでも良いんじゃないか?」と思った人もいるでしょう。

 

実際にそのように高さを合わせている人もおり、自分も最初は安上がりなもので高さを合わせようかと思ってました。

 

しかし、スピーカースタンドはその名の通りスピーカーの為に設計されているので、単に高さを合わせるだけでなく、振動の軽減も果たしてくれます。

 

音というのは低音ほど遠くまで伝達するため、振動の対策ができてなければ、アパートなどでは苦情が来る原因になりかねません。

 

加えてスピーカースタンドを使う際には地震対策も考えておくべき点であり、詳しくは別記事で解説してますが、僕はその点も加味してスタンドを買うことにしました。

デスクの見た目が良くなる

これはモチベーション的な問題でありますが、スピーカースタンドがデスクの両脇にそびえる様は、パッと見で圧倒的にカッコ良いです。

 

物事に取り組む上で「環境づくりの重要さ」というのは良く言われることではありますが、自分自身スピーカーを買ってから意欲が2倍くらいになったかなと(当社比)。笑

 

スタンドが必要な理由は、先の2つが主ですが、付随して見栄えも良くなるのは嬉しいですよね。

おすすめのモニタースピーカースタンド

卓上型

CLASSIC PRO / MST モニタースピーカースタンド

僕も使ってる最安値の卓上型モニタースピーカースタンド。

 

サウンドハウスによる安価メーカー、クラシックプロ製ですが、値段からは考えられないほど重く堅牢な作りであり、コスパがめちゃくちゃ高いです。

 

大きさ的には3インチor5インチがちょうど良いですね。

 

高さ調節できない固定化されたモデルなので、柔軟な調整ができないのがネックではありますが、インシュレーターを使って微調整すれば対応はできます。

 

ペアで4000円を切る爆安ながら、圧倒的な安定感に買って良かったと心底満足しているところ。

K&M  / 26772 スピーカースタンド

マイクスタンドなどでもお馴染みのK&Mによるスピーカースタンド。

 

スタイリッシュなデザインと、微調整できる作りになっているのが何より魅力的。

 

サイズが2種類あるのも自由度が高く、自分の使っているスピーカーのサイズに合わせて選ぶことが可能です。

 

高機能な分、ペアで1万円を超えてしまうのが考えどころですが、機材周りを妥協したくないという方は、選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

ISO Acoustics ISO-155 スピーカースタンド

こちらはなんと角度まで調整できる優れもののスタンド。

 

その代わりに、高さが付属の2種類のパイプによりら決まっており、柔軟な調整はできません。

 

4脚で非常に安定度は高く、特筆すべきはスピーカーへの設置面積が非常に小さく、余計な振動が伝わる心配もありませんね。

 

3インチ向け、5インチ向け、7インチ向けとサイズのバリエーションも多いのも流石。

 

しかしこちらもペアで1万円ほどする代物なので、スタンドもしっかりと拘りたい人向けでしょう。

地面置き型

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MST20 PAIR スピーカースタンド

次は地面に置くタイプの長さのあるスピーカースタンドを紹介。

 

最安はやはりクラシックプロ製のMST20。

 

自分のように狭いアパートに住んでいる人は無理ですが、広い環境に住んでいる方ならば、こちらの方が省スペースで使えて柔軟に位置も調整できるのでオススメです。

 

重たい作りではあるものの、構造上揺れやすいのがネックであり、地震対策には一考が必要かもしれません。

 

サイズ感的に、5インチ以下のスピーカーがベストですね。

K&M ( ケーアンドエム ) / 26720 スピーカースタンド

お次はマイクスタンドのような形状をしたK&Mのスタンド。

 

卓上型はクラシックプロでもおすすめできるものでしたが、地面に置くタイプは正直心もとないので、K&Mが一番安くおすすめできるものかなと。

 

スタンドをケチってスピーカーが落下して壊れたとなっては元も子もないので、できればこっちの方が良いでしょう。

 

今のところ地面に置くタイプを買う予定はありませんが、そのような環境になった際は、自分もこれを選びます。

「おすすめのモニタースピーカースタンド」まとめ

ということでおすすめのスピーカースタンドを紹介してきました。

 

色んなタイプがありますが、その人の住環境や身長など、様々な要因によりベストなものが変わって来ますので、ぜひご自分の状況に合わせて選んで貰えると幸いです。

 

スピーカー周りの整備はかなり聴こえ方に影響を及ぼすので、色々と試行錯誤してみるのも中々面白いものですよ。

 

ぜひ楽しいDTMライフをお送りください。

 DTM参考書読み放題!

 

『Kindle Unlimited』は大量の音楽本が読み放題で、誰が見てもお得ですよ。

 

関連記事 【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題

【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題【おすすめ本紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です