ビートルズ・ストーンズなど聴き放題!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

【レビュー】真夏のストレート・天国うまれ/甲本ヒロト

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

ハイロウズ解散後の2006年に発売された、唯一のヒロトソロ作品『真夏のストレート/天国うまれ』。

 

真相は定かでは無いですが、このシングルに続いてアルバムも出すはずが、お蔵入りになったとか。
現に当時のニュースでも「第1弾」と銘打たれており、さも続きのあるような書き方がされています。

参考 甲本ヒロト、ついにソロとして活動を開始!BARKS

さて曲の内容についてですが、さながらビートルズの前身バンド『クオリーメン』初期のような、ほのぼのとしたスキッフルサウンドが特徴でしょう。

 

天国うまれでマーシーがギターで参加してるものの、それ以外は全てヒロトの演奏なのが驚き。

 

穿った見方をすると、ヒロトが演奏するため技術的に早くするのが困難なので(たぶんドラムが)、どちらもミドル~スローテンポでアレンジしたのかなと・・・。

 

ハイロウズ解散、クロマニヨンズ結成の合間に出したシングルなので、後から遡って聴く方は見逃しがちかもしれませんが、どちらも必聴とも言える名曲と言えます。

 

では曲紹介をしていきましょう。

created by Rinker
Used Item
¥3,050 (2019/11/17 09:34:46時点 Amazon調べ-詳細)

真夏のストレート・天国うまれ

真夏のストレート

作詞・作曲/甲本ヒロト

 

タイトルからすると野球ソングのようにも思えますが、ちょっと意味がぼんやりしている印象。

 

『自分自身を決めるのは自分だけであり、真っすぐ進むだけだ』といった、熱い男の意思みたいなものが読み取れます。

 

アコギとドラムだけというシンプルなアレンジですが、それ故に情緒的な儚い夏の雰囲気が出ていますよね。

天国うまれ

作詞・作曲/甲本ヒロト

 

ヒロト自身も気に入っている一曲で、ソロでライブにゲスト出演した際には頻繁に歌うほど。

 

曲の内容はこれまた難解なふわっとした歌詞ですが、小説『ドン・キホーテ』の登場人物の名前が登場することから、その影響が伺えます。

created by Rinker
¥6,347 (2019/11/17 09:34:47時点 Amazon調べ-詳細)

小節の主人公が「妄想と現実の区別がつかなくなった騎士」なので、歌詞全体を見ると、夢の大切さを主張している内容ではないかなと。

 

マーシーがギターで参加とのことですが、音を聴く限りではおそらくギターソロだけですかね。

 

ちなみに同曲は映画『有頂天ホテル』の挿入歌として使用され、映画内で香取慎吾が熱唱。

「【レビュー】真夏のストレート・天国うまれ/甲本ヒロト」まとめ

2曲だけなのであっさりでしたが、唯一のヒロトソロ作品の紹介でした。(2019年4月現在)

 

同CDの初回盤にはDVDが付属しており、PVとメイキング映像が収録。
とくに天国うまれは非常に愉快に仕上がってるので、ぜひ見てもらいたいですね。

 

現状クロマニヨンズとして活動するヒロトですが、メンバーの仲も良く、解散の気配は微塵もありません。

 

ブルーハーツ・ハイロウズがちょうど10年で解散していましたが、クロマニヨンズはその節目を超え、歩みが止まる気配は0。

 

コアなファンからするとソロも聴きたいという欲はあるものの、またいつか気が向いた時にやってくれることを気長に待ちましょう。

created by Rinker
Used Item
¥3,050 (2019/11/17 09:34:46時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です