今なら30日間無料!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

甲本ヒロトと松本人志の逸話はデマだと思う根拠

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です。

 

ハイロウズ時代にヒロトが作った名曲で『日曜日よりの使者』という曲があります。
この曲には以下のような、噂話が。

 

ブルーハーツ解散後、ヒロトは色々なことで思い悩み、自殺を考えるほど。
そして実際に自殺しようとした時に、付けっぱなしのテレビでダウンタウンが登場。

 

軽妙なトークに思わず笑ってしまい、「自分はまだ笑えるんだ」ということに気づかされ、自殺を思い留まった。
そしてこの体験を元に作ったのが同曲で、日曜日よりの使者とは、松本人志のこと。

 

簡単に説明すると、こんな内容です。
しかしこの話、僕にはどうしてもデマとしか思えないんですよね。

 

14歳の時にヒロトマーシーに出会い、昔はこの逸話を盲目的に信じてましたが、彼らのことを知れば知るほど、デマに思えてきたのです。

 

ということで、今回はこの話が信頼に足らない理由を、4点に分けて述べていきたいと思います。

理由その1 ヒロトは公式に発言しておらず、話の出どころが一切不明

まず第一に、話の出どころが一切不明です。
僕は過去のインタビュー雑誌なども沢山持っており、膨大な数を読んできましたが、日曜日よりの使者の誕生秘話が語られたことは一切ありません。

 

昔のインタビュー映像なども、今は動画投稿サイトにたくさんあり、見れるものはほぼ見尽くしたと言えるレベルですが、こちらについても同様。
間違いなく、ヒロトが喋った話でないのは確かです。

 

ではこの話がどこから出て来たのか?というのが、疑問として残ります。

 

これは推測にしか過ぎないですが、ハイロウズが結成したのが1995年。
この年はちょうどインターネットが一般に普及し始めた頃で、windows95が発売された年。

 

その後2005年まで急激にインターネット産業は伸びていくわけですが、ハイロウズが解散したのも2005年で、ハイロウズの活動時期が思いっきり被っているわけです。
つまりは、インターネットの普及と共に、『誰かが推測or創作してネットに書き込んだ話が、さも事実であるかのように広まっていった』のではないかと思うのです。

 

この推論自体、根拠のあるものでは無いですが、一つの仮定としては成立してるのではないでしょうか。

理由その2 ヒロトが自殺する性格とは思えない

死ぬまでロックンロールをやり続けると言わんばかりに、音楽をとにかく愛して止まないヒロト。
自宅には膨大な数のレコードがあり、近年は蓄音機まで買うなど、ほとんど音楽マニアと言える領域に達しています。

 

そんなに音楽好きなヒロトが、いくら思い悩んでいるとはいえ、二度と音楽を楽しむこともできない「死」という選択を、果たして自ら選ぶでしょうか?
僕は到底そう思えません。

 

当たり前の話ですが、「生」があってこそ、様々なことを楽しめるのであり、死んだらその先は「無」です。

 

そしてヒロトが作る楽曲に目を向けて見ると、どれも前向きなメッセージが込められており、決して鬱々としたものは感じません。

 

例えばブルーハーツ時代の代表曲で、『人にやさしく』がありますが、何度も「がんばれ」と連呼し、人を支えてくれる歌は他にはありません。
挙げて行くとキリが無いので割愛しますが、ヒロトしかりブルーハーツの曲は、このような前向きな曲ばかり。

 

そんな前向きな人が、自殺をするはずはありませんよね。

理由その3 松本人志との交流が深くなってきたのは、98年頃から

さも昔から松本人志と昔から仲が良かったように語られますが、ヒロトが初めて彼と接点を持ったのは、ブルーハーツ時代のTV出演。
「ダウンタウンのごっつええ感じ」という番組がきっかけでした。

 

とはいえ、ここから親密に仲が良くなったかというと、そんな根拠もなく、一体どの程度の仲であったかは定かではありません。

 

TVを通してこのような間接的な交流はあったものの、音楽面で直接的な交流が生まれて来たのは1998年から。
詳しい経緯は分かりませんが、3rdアルバム『ロブスター』のジャケットは、松本人志に依頼して書いてもらったもの。

【アルバムレビュー】ロブスター/THE HIGH-LOWS

またロブスターからシングルカットされた、『千年メダル』『真夜中レーザーガン』のジャケットも同氏によるものです。

その他で言うと、ハイロウズの唯一のベスト盤で、最後に発売されたCDである『FLASH』のCMに、松本人志が出演しています。

 

ここからが推論ですが、交流が深くなってきて以降、後付けで考えられたエピソードではないかということです。

 

ハイロウズと松本人志の関りが多くなる

日曜日よりの使者は松本人志のことではないかと思う

逸話創作

 

といった感じ。

 

定かではありませんが、このようにして作られた可能性も無きにしもあらず。

理由その4 中村一義が酷似したエピソードを語っている

中村一義というミュージシャンをご存知でしょうか?
実は彼の自伝の中で、冒頭の逸話とそっくりなエピソードが語られているのです。

加えて、松本人志も2002年に自身のラジオ番組で、「あるミュージシャンが」とぼやかした上で、自分が自殺を思い留まらせたことを語っています。

 

ヒロト→一切の発言無し

 

中村一義→自伝で自殺を思いとどまったことを語る

 

松本人志→ミュージシャンの自殺を止めた話をする

 

整理するとこのような状況となり、ヒロトではなく、むしろ中村一義と松本人志を結び付けた方が、納得いきませんか?

 

そして中村一義の自伝の話を知らなければ、ヒロトの話だと捉えられても不思議ではありません。

 

松本人志のラジオを聴く

ハイロウズと松本人志の交流を知る

日曜日よりの使者が、松本人志と捉えても不思議ではないと思う

エピソードの完成

 

といった具合。

 

真実は分かりませんが、中村一義と松本人志のエピソードが、認識の違いや歪曲があったうえで、出来上がったのが日曜日よりの使者の逸話だと、思わざるを得ません。

「甲本ヒロトと松本人志の逸話はデマだと思う根拠」まとめ

以上4つの理由を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

個人的な結論としては、『本来は中村一義と松本人志とのエピソードであるものが、松本人志のラジオだけ聞いてヒロトの話と思い込み、その話がインターネットの普及も相まって、事実のように広まっていった。』と考えています。

 

あながち間違いではないかなと。

 

何はともあれ、インターネットは簡単に情報が手に入る分、信ぴょう性に欠けるものが多いのも確か。
盲目的に信じるのではなく、しっかりと自分で検証するのが大事ですね。

 

こういった例を反面教師として、当サイトではおかしな情報を流布しないよう、きちんとした情報をお伝えしていきたいと思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です