ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

甲本ヒロトと松本人志の逸話に関する私見

スズキサトシ(@sasa_rhythm)です。

 

ハイロウズ時代にヒロトが作った名曲で『日曜日よりの使者』という曲があります。
この曲には以下のような、噂話が。

 

ブルーハーツ解散後、ヒロトは色々なことで思い悩み、自殺を考えるほど。
そして実際に自殺しようとした時に、付けっぱなしのテレビでダウンタウンが登場。

 

軽妙なトークに思わず笑ってしまい、「自分はまだ笑えるんだ」ということに気づかされ、自殺を思い留まった。
そしてこの体験を元に作ったのが同曲で、日曜日よりの使者とは、松本人志のこと。

 

簡単に説明すると、こんな内容です。
しかしこの話、僕にはどうしてもそのまま素直に信じていいと思えないんですよね。

 

14歳の時にヒロトマーシーに出会い、昔はこの逸話を盲目的に信じてましたが、彼らのことを知れば知るほど、検討の余地のある話に思えてきたのです。

 

ということで、今回はこの話について信ぴょう性を検討していきたいと思います。

その1 ヒロトは公式に発言しておらず、話の出どころが一切不明

まず第一に、話の出どころが一切不明です。
僕は過去のインタビュー雑誌なども沢山持っており、膨大な数を読んできましたが、日曜日よりの使者の誕生秘話が語られたことは一切ありません。

 

昔のインタビュー映像なども、今は動画投稿サイトにたくさんあり、見れるものはほぼ見尽くしたと言えるレベルですが、こちらについても同様。
間違いなく、ヒロトが喋った話でないのは確かです。

 

ではこの話がどこから出て来たのか?というのが、疑問として残ります。

 

これは推測にしか過ぎないですが、ハイロウズが結成したのが1995年。
この年はちょうどインターネットが一般に普及し始めた頃で、windows95が発売された年。

 

その後2005年まで急激にインターネット産業は伸びていくわけですが、ハイロウズが解散したのも2005年で、ハイロウズの活動時期が思いっきり被っているわけです。
つまりは、インターネットの普及と共に、『誰かが推測or創作してネットに書き込んだ話が、さも事実であるかのように広まっていった』のではないかと思うのです。

 

この推論自体、根拠のあるものでは無いですが、一つの仮定としては成立してるのではないでしょうか。

その2 松本人志との交流が深くなってきたのは、98年頃から

さも昔から松本人志と昔から仲が良かったように語られますが、ヒロトが初めて彼と接点を持ったのは、ブルーハーツ時代のTV出演。
「ダウンタウンのごっつええ感じ」という番組がきっかけでした。

 

とはいえ、ここから親密に仲が良くなったかというと、そんな根拠もなく、一体どの程度の仲であったかは定かではありません。

 

TVを通してこのような間接的な交流はあったものの、音楽面で直接的な交流が生まれて来たのは1998年から。
詳しい経緯は分かりませんが、3rdアルバム『ロブスター』のジャケットは、松本人志に依頼して書いてもらったもの。

【アルバムレビュー】ロブスター/THE HIGH-LOWS

またロブスターからシングルカットされた、『千年メダル』『真夜中レーザーガン』のジャケットも同氏によるものです。

created by Rinker
¥110 (2022/05/24 11:14:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥100 (2022/05/24 11:14:55時点 Amazon調べ-詳細)

その他で言うと、ハイロウズの唯一のベスト盤で、最後に発売されたCDである『FLASH』のCMに、松本人志が出演しています。

 

ここからが推論ですが、交流が深くなってきて以降、後付けで考えられたエピソードではないかということです。

 

ハイロウズと松本人志の関りが多くなる

日曜日よりの使者は松本人志のことではないかと思う

逸話創作

 

といった感じ。

 

定かではありませんが、このようにして作られた可能性も無きにしもあらず。

その3 中村一義が酷似したエピソードを語っている

中村一義というミュージシャンをご存知でしょうか?
実は彼の自伝の中で、冒頭の逸話とそっくりなエピソードが語られているのです。

created by Rinker
¥3,080 (2022/05/24 11:14:56時点 Amazon調べ-詳細)

加えて、松本人志も2002年に自身のラジオ番組で、「あるミュージシャンが」とぼやかした上で、自分が自殺を思い留まらせたことを語っています。

 

ヒロト→一切の発言無し

 

中村一義→自伝で自殺を思いとどまったことを語る

 

松本人志→ミュージシャンの自殺を止めた話をする

 

整理するとこのような状況となり、ヒロトではなく、むしろ中村一義と松本人志を結び付けた方が、納得いきませんか?

 

そして中村一義の自伝の話を知らなければ、ヒロトの話だと捉えられても不思議ではありません。

 

松本人志のラジオを聴く

ハイロウズと松本人志の交流を知る

日曜日よりの使者が、松本人志と捉えても不思議ではないと思う

エピソードの完成

 

といった具合。

 

真実は分かりませんが、中村一義と松本人志のエピソードが、認識の違いや歪曲があったうえで、出来上がったのが日曜日よりの使者の逸話だと、思わざるを得ません。

だが自殺を思い立ったのは本当ではないか?

ここまで信用に足るに当たらないとの推論を書いてきましたが、「自殺をしようと思ったのは本当ではないか」と思うところもあります。

 

本人が何も言ってませんし、確たる情報もありませんからあくまで水掛け論にしかならない話ですが悪しからず。

 

まず音楽の分野に限らず、自殺をした表現者というのは数多くいます。

 

ロックミュージシャンではニルヴァーナのカート・コバーン、ジョイディヴィジョンのイアン・カーティスが挙げられますし、文学では芥川龍之介・太宰治・三島由紀夫、アートではゴッホなど。

 

勿論各々そこに至る要因は様々あるでしょうけども、やはり優れた表現者というものは総じて感受性が豊かだと感じます。

 

そして感受性が豊かだからこそ、人に深く刺さる創作物を生み出せると思うのですが、それと同時に普通の人以上に傷つきやすい側面を持っているのではと。

 

話を甲本氏に戻すと、言わずもがなブルーハーツは大きな成功を収めましたが、それにより妬みを伴った批判が数多くあったようです。

 

過去に読んだブルーハーツの会報誌『ブルーパーツ』で、「ブルーハーツは演奏が下手」という批判の言葉に河ちゃんが反論しているものを読んだこともあります。

 

ボーカリストはバンドの顔ですし、他のメンバー以上に矢面に立つ状況になるのは容易に想像がつくところ。

 

ゆえにブルーハーツ解散の時期には、よっぽど精神的にまいっていたとしても不思議ではないと思えるんですよね。

 

規模が全く違いますが、私自身も音楽のファンが増えると同時に、それに比例して罵詈雑言を浴びせられる機会が増えました。

 

メンタルが貧弱なので、一時期はかなり精神的にまいってしまったことも。

 

私程度の規模ですらこうした状況に陥るのですから、まして日本中に名を轟かすような成功を収めたミュージシャンは、想像の付かないほどの辛い状況になるように思えるのです。

 

となると冒頭に紹介した逸話も本当ではないかと考えても、不思議ではないように思えるところ。

「甲本ヒロトと松本人志の逸話に関する私見」まとめ

結局のところ確たる情報もありませんので、はっきりしたことは言えません。

 

どう考えるかは個々人の自由ということで、2つの説を取り上げた格好になりました。

 

  1. 『本来は中村一義と松本人志とのエピソードであるものが、松本人志のラジオだけ聞いてヒロトの話と思い込み、その話がインターネットの普及も相まって、事実のように広まっていった。』
  2. 逸話は事実。

 

あくまで私見となりますが、私の考察を以上で終わりとさせていただきます。