ビートルズ・ストーンズなど聴き放題!便利すぎるアマゾンの音楽アプリを使ってみよう♪【クリックして読む】

【必見】ブルーハーツ(THE BLUE HEARTS)のおすすめアルバム3選!

ヒロトマーシー情報館(@HirotoMasima)です!

 

1985年に結成し、その唯一無二の言葉の力で日本のロックシーンに旋風を巻き起こしながら、バンドブームを牽引した存在であるブルーハーツ。

 

カッコつける手段としての音楽も多いなか、彼らの歌はひたすら弱者に寄り添うものであり、熱烈な支持を獲得してきました。

 

約10年間の活動で8枚のアルバムを残し、時代の象徴とも言える楽曲を数多く残してきたのは、多くの人が知るところ。

 

解散から20年以上経った今でも歌い継がれ、数多くの人を惹き付けており、その色褪せない魅力は一言では現わせないものがあります。

 

その人気ゆえにベスト盤も乱立しており、後からオリジナルアルバムを集めたいと思っても非常に分かりにくいのは否めません。

 

そこで今回は、初心者が最初に手に取るべき、ブルーハーツの名盤を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

ブルーハーツのおすすめアルバム

THE BLUE HEARTS/THE BLUE HEARTS

「ブルーハーツの名盤は?」と聞かれると、誰しも真っ先に挙げるのは1stアルバムでしょう。

 

徐々に盛り上がりつつあった、日本のインディペンデントな音楽シーンを、さらに飛躍させる起爆剤となったアルバムであり、バンドブームの象徴とも言える作品。

 

ブルーハーツはデビューまでは2年ほど活動しており、既に数多くのレパートリーが存在し、その中でも選りすぐりの12曲を収録した内容です。

 

ゆえに手垢の付いた表現ではありますが、まさにこのアルバムこそ『捨て曲無し』という表現がふさわしいと言えます。

 

つまらない音楽なら3分でも長く感じますが、この33分間のアルバムはあっという間に過ぎ去り、「もっと聴きたい」と思わせてくれる、本当の意味での音楽。

 

「リンダリンダ」「終わらない歌」「未来は僕等の手の中」「少年の詩」など、ブルーハーツを代表する楽曲も多く収録されており、初心者も手に取りやすいですね。

 

ヒロトマーシーの全キャリアのオリジナルアルバムにおいても、今もなお燦然と輝いている屈指の名アルバム。

【アルバムレビュー】THE BLUE HEARTS/THE BLUE HEARTS

TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS

created by Rinker
メルダック
¥2,264 (2019/11/15 12:03:20時点 Amazon調べ-詳細)

日本全国隅々にまで、「ブルーハーツ」の名前を轟かせた3rdアルバム。

 

ブルーハーツを代表するヒット曲である「TRAIN-TRAIN」も収録され、ベストに挙げる人も少なくないでしょう。

 

1stは8ビートの勢いで突き抜ける感じがありましたが、同作はミドル~スローなナンバーも多く、とくに「青空」は詩人・真島昌利の名を世に知らしめた屈指の名曲。

 

それゆえに、どんどんとブルーハーツが大衆性を帯び、過去とのギャップや世間からの過剰な期待に疲弊し、次作では言葉を薄めた方向に進みますが、それはまた後の話。

 

シングルカット曲以外でも人気の高い曲が多く、「電光石火」「僕の右手」などは、ぜひ聴いておきたいところ。

 

激しさよりもしっとりとした印象が目立ちますが、その表現力の幅こそがブルーハーツが他のバンドと一線を画す一因でしょう。

【アルバムレビュー】TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS

STICK OUT&DUG OUT/THE BLUE HEARTS

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン
¥2,321 (2019/11/15 14:40:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン
¥2,700 (2019/11/15 12:03:18時点 Amazon調べ-詳細)

『3選じゃないの?』とツッコミが入りそうですが、この2作は対を成す内容であり、同じタイミングで作られたアルバムであるため、ひとまとめで紹介。

 

ブルーハーツ後期の名盤と言われる作品であり、アップテンポな曲を集めた「STICK OUT」、スロー~ミドルな曲を集めた「DUG OUT」という、ブルーハーツ唯一のコンセプトアルバム。

 

「STICK OUT」においては、1stアルバムにも引けを取らない圧倒的な勢いが見られ、とくに「1000のバイオリン」「月の爆撃機」あたりは、必聴とも言えます。

 

シングルカットもされた人気曲「夢」も収録されているなど、初心者も楽しめる内容。

 

対になる「DUG OUT」は荘厳なバラードナンバーである「手紙」から始まるように、どちらかというと入り口には不向きな印象。

 

「夕暮れ」といったヒロト作の人気曲もあったりしますが、同作の神髄はマーシー曲にあると言っても過言では無く、「風・夜・夏」などの風景・情景を描写する美しい言葉が立ち並び、忘れていた感覚を思い出させてくれます。

 

正直、どちらも甲乙つけ難い内容なので、ぜひ2つとも手に取ってもらえると嬉しいですね。

【アルバムレビュー】STICK OUT/THE BLUE HEARTS 【アルバムレビュー】DUG OUT/THE BLUE HEARTS

「ブルーハーツのおすすめアルバム3選」まとめ

ということで、ブルーハーツのおすすめアルバムを紹介してきました。

 

今回紹介したアルバムであれば、どれを手に取っても色んな角度で楽しめるのは間違いありませんが、やはり断トツなのは1st。

 

全部名曲と言える珠玉の内容であるのは間違いなく、バンドの魅力が隅から隅まで詰まっています。

 

1枚聴き始めると、どんどんのめり込んでいくでしょうから、その際はこの記事などを参考にしつつ、少しずつでも集めて行ってもらえると嬉しいですね。

 

なお、現在ヒロトとマーシーは『ザ・クロマニヨンズ』として活動しており、活動10年を超えながらも、ひたすら走り続けるモンスター級のロックンロールバンド。

 

ブルーハーツは聴けずとも、動くヒロトマーシーは今でも見れますので、少しでも気になればライブに足を運んでもらえると嬉しいですね。

クロマニヨンズのチケットの取り方を伝授!先行で確保せよ。

ちなみに「最初はやっぱりベスト盤を買いたい」、という方は別記事でおすすめのベスト盤を紹介してますので、参考にどうぞ。

【ファン歴10年以上が選ぶ】ブルーハーツのおすすめベストアルバム3選!【THE BLUE HEARTS】

ちなみに一枚だけ選ぶなら、ブルーハーツ結成30周年で発売されたものがオススメです。

 

代表曲が完全網羅されており、とりあえずの一枚には間違いありません。

それでは皆さんに楽しいロックンロール生活が訪れることを願っています。

ブルーハーツのおすすめアルバム3選 『動画版』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です