ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

【音楽本レビュー】ジョージ・ハリスン自伝 / I ME MINE

ジョージ・ハリスン自伝『I ME MINE』を読みました。

 

詳しくは後述しますが、自伝とは言ったもののかなり特異な構成であり、所謂自伝からはかなり離れた内容となっています。

 

しかしそこが新鮮で、多分に楽しめる内容でした。

 

ということでざっくりレビューしていきます。

created by Rinker
¥6,330 (2021/09/23 13:29:20時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

本書は一部二部の構成に分かれ、一部が自伝、二部がジョージによる歌詞解説となっています。

 

しかも全ページにおける三分のニが歌詞解説に割かれているので、普通の自伝とは違うのはお分かり頂けるはず。

 

一部の自伝については、ビートルズの広報担当だったデレク・テイラー氏の手を借り、コンパクトにまとめられてますね。

特徴・感想

大量の歌詞解説

先ほど述べたように、全体の三分のニが歌詞解説という異色の内容。

 

得てしてミュージシャンは自分の詩について多くを語らない・語りたがらない人が殆どであり、ここまで自身の詩について描かれた本は稀でしょう。

 

何をきっかけに書かれた歌であるかや、着想となったものまで見える内容になってますので、作詞をする人なら多大に参考になるものがあるはず。

 

今までジョージの歌詞の和訳をじっくりと読む事が無かったので、改めて感銘を受けました。

 

確かボブ・ディランの言葉で「ジョージ・ハリスンはビートルズで無くとも、偉大なソングライターになっていた」みたいなのがあったはずですが、それが良く理解できましたね。

手書きの歌詞が見れる

英語が分かる人ならば、手書きの歌詞を見れる事で大いに楽しめるはず。

 

ジョージが自身の手で書いた多数のメモを見る事ができ、歌詞の言葉がより生々しく感じることでしょう。

 

自分のように英語は読めずとも、溢れ出る言葉を書き起こした生きた筆致を見る事で、感じる事があるのでは。

ジョージ唯一の自伝

内容は乏しいものの、一応ジョージ唯一の自伝。

 

没後に非公認の自伝も出たりしてるようですが、あまり評判もよろしく無いので、ひとまずジョージの事を知りたい人には唯一の書籍かも。

 

話が脇道に逸れますが、ジョージの半生に興味がある方は、本書と併せて映画「マテリアル」を見ると良いかもしれません。

「【音楽本レビュー】ジョージ・ハリスン自伝 / I ME MINE」まとめ

ということで簡単ですが、ジョージ・ハリスン自伝『I ME MINE』のレビューになりました。

 

自伝的な内容では無いものの、ジョージに興味がある方なら一見の価値ありです。

 

ぜひジョージ本人の感性溢れる言葉の数々に、心躍らせてみてはどうでしょうか。

created by Rinker
¥6,330 (2021/09/23 13:29:20時点 Amazon調べ-詳細)