ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

甲本ヒロトのルーツになってるハーモニカプレイヤー

日本では右に出る者はいないであろう、屈指のロック・ハーモニカプレイヤーである甲本ヒロト。

 

巧みなベンドをやすやすと吹きこなした技巧的なプレイなど、その技術はすざまじいものがあります。

 

しかしハーモニカに限らずどんなミュージシャンにせよ、必ず誰かしらに影響を受けており、最初はコピーをして成長していくもの。

 

そこでこの記事では、甲本ヒロトとルーツとなっているハーモニカプレイヤーを5名紹介していきたいと思います。

 

知っての通り彼はブルース好きであり、実際ブルースにおけるハーモニカ吹きは相当数いるので、全員取り上げるのは難しいので、インタビューなどで確認できた人に絞って紹介していきます。

 

ルーツとなった人たちのプレイを聴くことで、聴いたことがあるようなフレーズが発見できたりもするので、ぜひ色々と聴いてみてくださいね。

甲本ヒロトのルーツになってるハーモニカプレイヤー

リトル・ウォルター


最初は早世の伝説のハーモニカプレイヤーである『リトル・ウォルター』。

 

代表曲は『Juke』であり、当時のR&Bチャートで1位を獲得し、最初で最後のトップを獲得したハーモニカインスト曲としても知られています。

 

諸説あるものの、一般的に「最初にブルースハープをアンプに通したのがリトル・ウォルター」と言われ、それまでの概念を覆した斬新さも、伝説性に一役買っていますね。

 

さらに遡り、彼が影響を受けたプレーヤーが『サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅠ』なので、そちらも余裕があればぜひ聴いてみてください。

サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡ


ちょっとややこしいのですが、続いて『サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡ』。

 

先ほど出てきた『サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅠ』とどんな関係が、と思うかも知れませんが、二世の方が芸名を拝借したので便宜上1世・2世と区分されており、全く別の人物です。

 

代表曲は『Don´t Start Me to Talkin´』。

 

「シカゴ・ブルースの基本形を作った」とも評される彼のプレイを、ぜひ堪能してみてください。

サニー・テリー


唯一無二のハーモニカプレイヤーである『サニー・テリー』。

 

曲を聴いて貰えれば分かるのですが、ハーモニカを吹きつつ、合間に自分でコーラスを入れるという神業。

 

ウディ・ガスリーらと並びフォークシーンで人気を博し、ブルースの殿堂入りも果たしている人物です。

 

声も使うハーモニカプレイヤーということで、少なからず影響を受けているのではないでしょうか。

マジック・ディック


 

70年代から80年代にかけて活躍したアメリカのバンド『J・ガイルズ・バンド』。

 

世界的なヒット曲である『堕ちた天使』が有名ですが、もともとブルースバンドとしてスタートしており、天才的なハーモニカプレイヤー『マジック・ディック』が所属していたことでも知られています。

 

メンバー6名という結構な大所帯のバンドですが、誰しも認める卓越したハーモニカプレイであるため、彼のプレイにフォーカスを当てた曲も多く、有名な曲としては『Whammer Jammer』が挙げられます。

 

イントロからしてもう無茶苦茶にカッコ良く、ロック好きなら誰しも一発で気に入るであろうナンバーなので、ぜひ聴いてみて貰いたいですね。

リー・ブリロー


ヒロトがハーモニカを吹くきっかけになったのは、ドクターフィールグッドであったそうで、同バンドのボーカリストである「リー・ブリロー」を続いて紹介。

 

自分はドクターフィールグッドもといウィルコ・ジョンソンが好きなんですが、話が逸れるので簡単にバンドについて説明すると、イギリスにおけるパブロックを代表するバンドのひとつ。

 

基本的にどの曲でもブリローはボーカル一本ですが、ウィルコがボーカルを取る『Boom Boom』でブリローのハーモニカプレイが聴けます。

 

ブリローと言うと渋いボーカルに目が行きがちですが、掛け合いが繰り広げられるシンプルなハーモニカプレイがカッコ良いので、ぜひ聴いてみましょう。

「甲本ヒロトのルーツになってるハーモニカプレイヤー」まとめ

ということで簡単ではありますが、5名ほど紹介して来ました。

 

他の楽器でもそうですが、必ず常套句的なフレーズはあり、今回紹介した方々をコピーしてみれば、いわゆるブルースっぽいフレーズが掴めてくるはず。

 

そうすると単に聴いていたヒロトのハーモニカも「誰っぽいフレーズ」みたいなところが見えて来るので、ヒロトみたいなハーモニカを吹きたい方は、ぜひ参考にしてみてはどうでしょうか。

 

僕はガッツリなブルースっぽいハーモニカにそんなに憧れが無いので、コピーしたことは無いんですが(笑)

 

この記事で少しでも音楽的な新しい楽しみが見いだせたならば幸いです。

 ブルース・ロックンロール聴き放題!

 

『amazon music umlimited』を使えば、家でも外でもスマホで気軽に音楽が聴けて、音楽に触れる時間が増えました。

 

関連記事 【アプリで音楽を満喫】Amazon Music Unlimitedでロックンロール三昧になろう!【ダウンロード可能】

【アプリで音楽を満喫】Amazon Music Unlimitedでロックンロール三昧になろう!【ダウンロード可能】

甲本ヒロトのルーツになってるハーモニカプレイヤー 『動画版』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です