ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

【2020】おすすめエフェクターまとめ『ギタリストが選ぶ』

ギタリストにとって欠かせない相棒であるエフェクター。

 

ギターとアンプだけでは出せない様々なエフェクトをかけることが可能であり、まさに現代においては必需品と言えるでしょう。

 

しかしながら、一口にエフェクターといっても、歪みから空間系まで実に多種多様な種類が存在します。

 

そこでこの記事では、系統別に分けながらおすすめのエフェクターを紹介していこうかなと。

 

各エフェクターの紹介部分から、さらに個別に掘り下げたおすすめエフェクター記事に飛べますので、気になるエフェクターはそちらも参考にどうぞ。

 

では早速本題へ。

おすすめエフェクター

歪み系

まず最初はエフェクターと言えば真っ先に浮かんで来る歪み系。

 

歪みの強さ順に、

  • オーバードライブ
  • ディストーション
  • ファズ

の順番で紹介して行きましょう。

オーバードライブ

BOSS BD-2 Blues Driver

created by Rinker
BOSS
¥9,900 (2020/09/22 03:13:38時点 Amazon調べ-詳細)

オーバードライブという名目で真っ先に挙がって来るのが、王道中の王道と言える『ブルースドライバー』。

 

とくに僕のようにルーツミュージックが好きな方であれば、まさに文句の付けようが無い歪みサウンドを鳴らしてくれます。

 

クランチ気味のサウンドから深く歪ませることまで可能で、これ一台で多様な歪みを扱えると言っても過言では無いでしょう。

 

色んなギタリストが必ず一つは持っているほどですし、実際に使ってみればその歪みの虜になること間違いなし。


【2020年最新】おすすめのオーバードライブ『定番エフェクターも紹介』

ディストーション

Suhr Riot

created by Rinker
Suhr
¥25,740 (2020/09/22 12:02:10時点 Amazon調べ-詳細)

群雄割拠のエフェクター界において後発メーカーながら、その圧倒的なクオリティでスタンダードに躍り出たメーカーである「Suhr」。

 

『大出力のスタックアンプをフルアップしたような、立体感のあるふくよかなディストーションサウンド』という公式の謳い文句通りの、圧倒的に生々しいサウンドは鳴らしてくれます。

 

「マーシャルアンプ同然の音」という評判もあったり、まさにマーシャル好きにはうってつけのディストーションと言えますね。

 

かなり深く歪ませてもニュアンスが損なわれないのがすざまじく、多くのプロも感嘆の声を挙げているほど。

 

安価なディストーションを鳴らしてからこれを弾くと、本当にびっくりするくらい音が違いますよ。


【2020】おすすめのディストーション・エフェクター『ギタリストが選ぶ』

ファズ

Jim Dunlop|Fuzz Face

created by Rinker
JIM DUNLOP
¥14,054 (2020/09/23 00:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

ファズと言えばジミヘンであり、ジミヘンと言えばファズと言え、ジミヘン愛用の「Fuzz Face」はまさに代名詞的存在。

 

まさにジミヘンが弾いていた通りのガツンとしたファズサウンドが意のままに操れますし、設定次第でクランチ・オーバードライブまで対応できるのが素晴らしいです。

 

復刻モデルと言えども音は間違いなく直系の系譜と分かる重厚なサウンドを鳴らしてくれますので、一度触ればそのクオリティの高さに驚くはず。

 

機能そのままにサイズを小さくしたミニシリーズなんかもあったりしますので、ボードのスペースが気になる方にもおすすめ。


【2020】おすすめのファズ・エフェクター『ギタリストが選ぶ』

空間系

空間演出のために必須と言えるエフェクター。

 

リバーブ・ディレイと分けて見て行きましょう。

リバーブ

TC Electronic Hall of Fame 2 REVERB

created by Rinker
ティーシーエレクトロニック(Tc Electronic)
¥16,246 (2020/09/23 00:36:10時点 Amazon調べ-詳細)

圧倒的な高機能で知られる『TC Electronic』のエフェクター。

 

本リバーブにおいては「スタジオ品質の美しさ」と評され、定番のプレートやルームから、ローファイな音まで自由自在。

 

フットスイッチにかかる圧力でパラメータをコントロールするMASH機能は唯一無二であり、これまでに無かった繊細な表現が可能です。

 

お馴染みの「Tone Print」機能を使えば、プロギタリストのサウンドをそのまま移植することもできる便利さ。


【2020】おすすめのリバーブ・エフェクター『ギターに最適』

ディレイ

BOSS DD-3T Digital Delay

created by Rinker
BOSS
¥17,600 (2020/09/22 08:31:20時点 Amazon調べ-詳細)

BOSSの金字塔ディレイ『DD-3』にタップテンポ機能を追加した最新機種。

 

機能面でも種種の改善が施され、圧倒的に使いやすい一台に仕上がっています。

 

「世界初のコンパクトデジタルディレイ」の後継機であり、未だに手放さないギタリストが多くいることが、その信頼性を物語っていますね。

 

かなりシンプルな作りになっているのも分かりやすく、初心者にもおすすめできる一台と言えるでしょう。


【2020】おすすめのディレイ・エフェクター『アナログもデジタルも紹介』

モジュレーション系

音に揺らぎを加えて変化を加える、うねりを伴った独特なニュアンスがあるモジュレーション系。

 

かかり方の強さ順に

  • コーラス
  • フェイザー
  • フランジャー

 

と見て行きましょう。

コーラス

BOSS / CE-5

created by Rinker
BOSS
¥12,100 (2020/09/22 01:23:00時点 Amazon調べ-詳細)

コーラスなら世界初の単体コーラス・エフェクターの後継機種である『CE-5』を選べば間違いないでしょう。

 

「コーラスと言えばCE-5」と言われるほど、まさにザ・コーラスといった具合の王道的な音を鳴らしてくれます。

 

デジタルコーラスではありますが、独特な温かみのある煌びやかなサウンドであり、透明感に虜になる人も多いです。

 

結構軽めのかけ方から、深くうねるくらいまでかけることもできるので、多様なサウンドメイキングに対応できるはず。


【2020】おすすめのコーラス・エフェクター『現役ギタリストが選ぶ』

フェイザー

MXR / M101 PHASE 95

ナンバーワン・フェイザーの名を欲しいままにしている『PHASE 95』。

 

フェイザーの大定番機種である、同社製の「PHASE 90」「PHASE45」を一台で出せるという、ダントツでコスパに優れた一品。

 

ツマミが一種類だけと、一瞬心もとなく見えるかもしれませんが、モード切り替えスイッチとフードバックのコントロールボタンが付いてるので、音作りは自由自在。

 

コンパクトな作りで、ボードのスペースを取らないのも◎。


【2020】おすすめのフェイザー・エフェクター『ギタリストが選ぶ』

フランジャー

BOSS FLANGER BF-3

created by Rinker
BOSS(ボス)
¥13,200 (2020/09/23 00:36:10時点 Amazon調べ-詳細)

モジュレーション系でもっとも強烈なかかり方をするのがフランジャーですが、定番機種はBOSSの『BF-3』。

 

轟轟としたいかにもかかってます的なフランジャーサウンドを鳴らしてくれますので、そんな音が欲しい方はピッタリでしょう。

 

スタンダードやウルトラなど4つのモードを搭載しており、そのキャラクターも自由に操れるのも魅力的。

 

アクの強いフランジャーですが、本機なら様々なジャンルで活用できるはず。


【2020】おすすめのフランジャー・エフェクター『ギタリストが選ぶ』

その他

ワウを始めとした、それ以外のエフェクターを見て行きましょう。

 

マルチエフェクターもこちらで紹介しています。

ワウ

VOX / V847A Wah Pedal

created by Rinker
VOX(ヴォックス)
¥7,440 (2020/09/22 08:31:22時点 Amazon調べ-詳細)

結構色々な種類があるワウですが、定番中の定番である『VOX / V847A』を選んでおけば、まず間違いないでしょう。

 

ジミヘン・クラプトン・ジミーペイジなどロック史に残る伝説と言えるギタリスト達が愛用してきたことから、まさにワウペダルの代名詞と言える機器のひとつ。

 

バッキングからソロでのウーマントーンまで、幅広い用途で活用できますね。


『ミュージシャンが選ぶ』おすすめワウペダル8選【2020】

コンプレッサー

MXR DYNA COMP M-102

created by Rinker
MXR
¥11,440 (2020/09/22 12:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

「ダイナコンプ」の名称で知られるド定番のコンプレッサー。

 

1970年代の登場以来のベストセラー品であり、コンプ選びで迷うなら、本機を手に取れば間違いないと言える一品。

 

ツマミが2つだけというシンプルさも非常に分かりやすく、初心者にもおすすめできる一品です。

 

コンプ感溢れるパーカッシブな音から、ちょっとアタックを潰す的なことまでできますので、使い手によって多様な顔を見せてくれるでしょう。


【2020】おすすめのコンプレッサー・エフェクター『ギタリストが選ぶ』

イコライザー

BOSS GE-7 Equalizer

created by Rinker
BOSS
¥12,100 (2020/09/22 17:08:19時点 Amazon調べ-詳細)

イコライザーならBOSSの7バンド機種の『GE-7』がおすすめ。

 

もっと調整できる帯域数が多いものだと10バンドのものもあったりしますが、実際7バンドだけでも無限の音作りの選択肢があります。

 

ワウの半踏みサウンドから、ラジオトーンまで自在に作り込めますし、歪みに入れる前段で音作りをする目的で使う方も多いようです。

 

エフェクターとしては標準的な値段でありながら、値段以上の性能を誇る一品と言えますね。


【2020】おすすめのイコライザー・エフェクター『ギタリストが選ぶ』

マルチエフェクター

LINE6 Helix LT

created by Rinker
Line 6
¥122,000 (2020/09/22 12:03:40時点 Amazon調べ-詳細)

ハイクオリティなアンプシュミレーターでお馴染みの、LINE6製のマルチエフェクター。

 

ハイエンド品の「Helix Floor」から、重要な機能だけを抜き出し低価格化を図った商品であり、他のマルチの追随を許さない圧倒的な音を鳴らしてくれます。

 

それでもなお結構なお値段ではありますが、レコーディングに使えるほどのクオリティを誇っていますし、想像以上の価値を含んだ一品と言えるでしょう。

 

これ一台でアンプからエフェクターまですべてを賄えると考えれば、案外コスパの良い買い物であることが分かるはず。


【2020】おすすめのマルチエフェクター聴き比べ『ギター弾きが選ぶ』

「【2020】おすすめエフェクターまとめ『ギタリストが選ぶ』」まとめ

ということでおすすめのエフェクターを種類別にまとめて来ました。

 

冒頭にも書いたように、各エフェクターは別記事でさらに色々な機種を紹介してますので、気になるエフェクターはそちらも是非参考にしてみてくださいね。

 

沼のように底の見えない深さのあるエフェクターの世界であり、結構世の中には一周回ってシンプルなところに行き着く人も多かったり。

 

色々試行錯誤試してみるのも、楽器の楽しみの一つだと自分自身感じていますので、ぜひ自分の好きなサウンドを探求してみてはどうでしょうか。

 ギターマガジン・教則本読み放題!

 

『Kindle Unlimited』は大量の音楽本が読み放題で、誰が見てもお得ですよ。

 

関連記事 【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題

【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題【おすすめ本紹介】