ロックンロール聴き放題の音楽アプリ『amazon music umlimited』を使わないと損してる【クリックして読む】

【2020】おすすめのリバーブ・エフェクター『ギターに最適』

ギターの音作りに欠かせないエフェクターのひとつがリバーブ。

 

基本的にギターアンプにはスプリング・リバーブが内蔵されており、それを使うのが定番ですが、エフェクターとして持っておくと、圧倒的に幅が広がりますし便利です。

 

というのも、ライブハウス常設のアンプでは稀にリバーブが無いものがあったりしますし、一台持っておくと常に自分のリバーブサウンドが出せるという。

 

本題に入る前に、リバーブの基本的なところを見ていきましょう。

そもそもリバーブとは?

リバーブとは「残響」の事であり、ミックスも含めて音楽制作において欠かせないエフェクトです。

 

エフェクトをかけるだけで音に奥行きが増して、立体感が増えサウンドが煌びやかになることから、それだけで上手くなったように聴こえるほど。

 

よく混同されがちなディレイがありますが、リバーブはあくまで残響なので、自然な空間演出が魅力的です。

 

そして先ほどもチラッと書きましたが、アンプ内蔵のリバーブはスプリング・リバーブであることに対し、エフェクターの場合はホールやプレートなど多種多様なタイプが使えます。

 

アンプだけでは表現できない、繊細なリバーブが取り入れられるのが、リバーブ・エフェクターの必要性と言えるでしょう。

おすすめのリバーブ・エフェクター

BOSS RV-6

created by Rinker
BOSS
¥14,580 (2020/03/29 01:43:41時点 Amazon調べ-詳細)

非常にシンプルで使いやすい、BOSSのリバーブ・エフェクター。

 

澄み渡る透明感が魅力的であり、圧倒的な価格以上の音を鳴らしてくれます。

 

リバーブタイプも様々選べ、ルーム・プレート・ホールなど、好みに合わせて実に多種多様な音作りが可能。

 

エフェクターといえばBOSSというくらい定番ですし、最初の一台に選んでも、まず失敗は無いでしょう。


TC Electronic Hall of Fame 2 REVERB

created by Rinker
ティーシーエレクトロニック(Tc Electronic)
¥17,875 (2020/03/29 09:57:36時点 Amazon調べ-詳細)

多種多様な便利な機能があることで知られる、「TC Electronic」のエフェクター。

 

スタジオ品質の圧倒的に美しいリバーブ感が魅力的であり、定番のプレートやルームから、ローファイな音まで作れます。

 

フットスイッチにかかる圧力でパラメータをコントロールするMASH機能は唯一無二であり、より繊細な表現が可能ですね。

 

同メーカーお馴染みのトーンプリント機能で、プロのセッティングをそのまま移植できるのも非常にGOOD。

 

ファンキーな赤いデザインもカッコ良かったりするので、見た目に拘る人も一考の価値あり。


TC Electronic Skysurfer Reverb

created by Rinker
ティーシーエレクトロニック(Tc Electronic)
¥4,860 (2020/03/29 01:43:42時点 Amazon調べ-詳細)

引き続き「TC Electronic」のエフェクターで、澄んだ水色のボディが美しい一台。

 

5000円を切る価格で、逆にちょっと心配になるくらいですが、値段以上の確かなリバーブサウンドを鳴らしてくれます。

 

大きな特徴としては、とにかくシンプルなことで、リバーブタイプの切り替えスイッチのほかは、ツマミが3つあるのみ。

 

あまりエフェクターに慣れてない初心者や、そもそも多機能なものは求めていない人にはうってつけ。

 

リバーブ用の予備の1台としても、これほどコスパが良いものは無いですね。


Strymon blueSky

3万円越えと金額が完全にワンランク上ですが、その分サウンドもぶっちぎりで良い音を鳴らしてくれる「Strymon blueSky」。

 

その独特で透き通った絹のようなサウンドは唯一無二であり、プロの間でも圧倒的支持を得るほどの一品。

 

制作者が拘りに拘り抜いて作っている機種なので、細かく設定できる点からも、完全に玄人向けのエフェクターと言えますね。

 

将来的にプロを目指している人や、とにかく質の良いリバーブが欲しい方は、ぜひ検討してみてはどうでしょうか。


One Control Prussian Blue Reverb

お洒落な英字デザインでお馴染みの「One Control」のリバーブ。

 

よくある「過去のサウンドを再現」的なものではなく、現代の技術を使って、真にギタリストが求めるサウンドを作り出している代物。

 

その証拠に、通常リバーブ・エフェクターでは、先までのようにルーム・プレート・スプリングなど、リバーブタイプの変更ができますが、本機は1種類のリバーブタイプから変更できないという。

 

それだけサウンドに確固たる自信があることの現れでしょう。

 

初心者にありがちなのは、意味が分からずツマミを弄り回した結果、風呂状態の音になるというものですが、本器ならどう設定しても崩壊はしないので、使いやすさ◎。

 

手軽で簡単に良いサウンドが欲しい方は、こちらを選んでおけば、まず失敗はありませんね。


「おすすめのリバーブ・エフェクター【2020】」まとめ

ということで、おすすめのリバーブ・エフェクターを紹介して来ました。

 

リバーブは初心者でも知っているくらいのエフェクトではありますが、細かい音作りをしていこうとすると、実は他のエフェクターよりよっぽど難しかったりするんですよね。

 

それにツマミの設定もちゃんと理屈が分かってないと、頭の中にある音を再現ができないので、いくつもの難関が立ちはだかります。

 

最初の一台ほどシンプルなものを選んだ方が、手軽に間違いないサウンドを作れると言えますので、まずは「One Control」あたりから検討してみるといいかもしれません。

 

ぜひ本記事が、足元のリバーブ選びに役立ったならば幸いです。

 ギターマガジン・教則本読み放題!

 

『Kindle Unlimited』は大量の音楽本が読み放題で、誰が見てもお得ですよ。

 

関連記事 【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題

【音楽好き必見】Kindle Unlimitedで音楽書籍が格安で読み放題【おすすめ本紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です